上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

澎湖回想 澎湖で食べたもの 

易家

 通樑古榕樹の近くにある易家仙人掌冰

易家お店

 澎湖名物サボテンアイスの元祖のお店(というより屋台)です。

 サボテンの実100%で作るからこそ色も香りも味も濃くてネットリした食感。

仙人掌冰

 このお店でしか味わえません。

海菜湯

 海菜湯(海苔スープ)。

 澎湖で海苔スープと言えば黒い海苔ではなく、青海苔で作る磯の香りタップリのスープ。香りだけでなく舌触りもよくて、結局毎食頼んでしまいました(笑)。普段は残してしまいがちな台湾の大きなスープどんぶりですが、毎回完食!

海螺

 焼きサザエ。1つ100元。もしかしたら食べたの生まれて初めてかも。。。

石頭蟹

 石頭蟹。見たことのない蟹でしたが、味噌はやや苦味ありで通好み、身は食べにくかったけどとても甘かったです。これ一匹で300元。

南瓜米粉

 澎湖名物、南瓜ビーフン。80元。文句なし。うまい。

 他にも色々食べましたが、生ウニトコブシをはじめとにかく台湾本島とはまた違う料理が一杯で、料理を食べに来るだけでも澎湖に来る甲斐があるってもんです!

 以上で澎湖のエントリーはひとまず終了、明日からは金門編に入ります。
スポンサーサイト

澎湖回想 西嶼 他に見ておきたい3地点 

天人菊

 天気さえ良ければ西嶼のツーリングは最高です。青い空、青い海、緑の草原。写真に写っている赤と黄色の小さな花は天人菊と行って、澎湖の縣花に定められています。

内[土安]遊憩區

 内[土安]遊憩區

 崖上から眺めて良し、海辺に行っても良しの素晴らしい砂浜です。但しシャワーなどの水道設備は全くありませんので、海水浴される方はご注意ください。

鯨魚洞

 小門鯨魚洞

 西嶼の幹線道路をちょっと外れて小門という小さな島の方角に行くと、大きな鯨の形をした岩があります。

鯨魚洞近辺の岩肌

 ここも玄武岩と海水浸食の地形を観察するには適した場所です。

通梁古榕樹

 通樑古榕樹

 樹齢300年のこのガジュマルは実に660坪を多い尽くすほど大きく成長して、この辺り一帯全てをちょっとしたジャングルのようにしています。

保安宮

 保安宮という廟をも呑み込んで一体となった様は、とても神秘的でかつ生命の力強さを感じることができ、このジャングルの下にいるだけで鋭気が養われるような気がします。

澎湖回想 西嶼燈塔と軍事施設 

西嶼燈塔

 まず西嶼の最果てにある西嶼燈塔から紹介してしまいましょう。

 馬公市内から道路を伝って実に40kmの道のり。その道路の果てにあったのは、、、

軍事施設

 !

 何だか来てはいけない道を来てしまった感じ…。台湾陸軍のレーダー基地が行く手を遮っていました。もちろんこの先は通行不能です。灯台があるはずなのに、、、と、道を聞こうにも守衛の兵隊さんは口を聞いてもくれません。

西嶼燈塔標識

 実はこの基地門前右脇に車を停めて、そこから先は基地の外周に沿って未舗装の道を歩いて、基地の裏側に回ることになります。

西嶼燈塔入り口

 そしてようやく見えてくるのが西嶼燈塔。

 この軍事基地に圧倒されて、場所もわからず来た道を引き換えしてしまう旅行者も少なくないのだとか。これからいらっしゃる方はご注意ください。

西嶼燈塔と軍事施設

 灯台を写そうとしても、どうしても軍事施設が写ってしまう(一応ぼかしておこう…)。。。もちろんこれらの施設は撮影厳禁ですのでご注意ください。

 この灯台に程近い場所に西嶼餌砲というのがあります。

西嶼餌砲

 これは全てコンクリートで作られた大きな砲台に見せかけた偽物。見て明らかに偽物とわかりますが、これは第二次大戦中に日本軍が上空を飛ぶ敵機に対して砲弾を浪費させるためにつくったものです。綺麗な形で残っていますが、ところどころ砲弾を受けた跡があるそうなので一応効果はあったようです。

西嶼西臺

 西嶼西臺。19世紀末に中仏戦争が発生して後、この地が軍事要衝になると確信した清朝により作られた砲台跡。コンクリの下は全て地下通路で繋がっていて中は弾薬庫、宿舎などかなりの広さがあります。

西嶼の町並み

 このように少々物騒な感のある西嶼ですが、途中こんな風景も。(手前の中華式建築がなければ、地中海のどこかの港町みたいな感じがしませんか?)
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。