上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チェコ回想 意外と多い?!チェコが誇るあれこれ 

ビールとミュシャ

 チェコと言えばビールビールと言えばチェコ。

チェコビール

 他に巨大人口を抱える国がたくさんあるので生産量こそ世界一とはいかないものの、現在日本をはじめ世界で主流のピルスナー・ラガービールは、ここチェコが発祥です。

チェコビール2

ブドヴァル

 バドワイザーと言えばアメリカのビールを思い出しますが、元々はここチェコのブドヴァルが本家。

バドワイザー

 そんなビールの本場チェコでは、500mlジョッキが200円もしません!物価の高いヨーロッパにあって、この価格は感涙モノ!チェコではビールが水より安い!

ビール

 昼はカフェで一息

ランチビール

 夜は美味しい料理と一緒に

ディナービール

 今明かされる、私が昼ビールにはまった理由(笑)。



ミュシャ

 アルフォンス・ミュシャ

 チェコを代表する画家。このおじさんが描いた絵画とはこのようなもの。

ミュシャアート1

 彼は100年前、フランスでポスター画家として名を馳せました。絵画には縁の遠い方も多いと思います(私もその一人)が、そもそも一般大衆に見られて、そのメッセージを読み取ってもらうことを前提に描かれているポスターですので、初心者でもミュシャの世界には入っていきやすいのでは?!

ミュシャアート2



 その他、チェコではマリオネット(操り人形)、ボヘミアグラス、ガーネット、ビーズアクセサリーといった工芸品が世界的に有名。また芸術家としてはミュシャのほかに、作家フランツ・カフカ、作曲家ドヴォルザーク、スメタナもチェコの出身です。
スポンサーサイト

チェコ回想 クトナー・ホラ 

天使と骸骨

 プラハからバスで1時間行ったところにクトナー・ホラという町があります。

クトナー・ホラ1

 ここは今でこそ人口2万人しかいない小さな小さな町ですが、今から700年前に発見された銀の鉱脈と、ここで作られた銀貨がヨーロッパ中に流通したことにより当時ここボヘミア地方ではプラハに次いで2番目の都市だったそうです。

クトナー・ホラ2

 銀が枯渇した300年前から、町は当時の隆盛を示す建築物をそのまま残し、現在に至っています。

クトナー・ホラ3

 こうしてこの町はその歴史的価値と文化的景観から世界遺産に登録されています。

クトナー・ホラ4

 この町には私達日本人からするとちょっと変わった教会があります。その名は墓地教会

墓地教会納骨堂入り口

 教会内部の入り口

墓地教会納骨堂盃

 入り口脇にある盃状のオブジェ

墓地教会納骨堂シャンデリア

 シャンデリア

墓地教会納骨堂全景

 教会内部全景

 教会内部を飾るのは4万人にも及ぶ人間の骨。

墓地教会納骨堂天井

 気味悪いというより、ここまで徹底されるとこういうのもアリかなぁなんて気持ちになってくるから不思議です。でも夜中に一人でここに閉じ込められたら色んな意味でここにいる皆さんと仲良くなれそうです。。。

墓地教会納骨堂紋章

 紋章も骨で形作られています。右下に注目。

墓地教会納骨堂紋章の一部

 不謹慎にもちょっと笑えてしまう構図。骨になってからも目をずっと突かれているんじゃ本人も浮かばれませんよねぇ。。。

チェコ回想 プラハ ヴァーツラフ広場 

国立博物館

 プラハでは今まで紹介したように旧市街の散策が楽しいのは誰も異論がないところでしょう。

 一方でプラハで最も賑わう繁華街として、新市街とも呼ばれるヴァーツラフ広場も訪れる価値ありです。

ヴァーツラフ広場

 広場というより、日本人から言わせれば大通りでしょうか。

 全長750m、幅60m。緩やかな坂道になっていて登りきったところに圧倒的な威容を誇る国立博物館があります。

バラと国立博物館

 両側にはホテルやブティック、カフェなどが並んでいて、ベンチに腰を下ろして行き交う人を眺めるのも一興です。

夕日を浴びるヴァーツラフ広場

 ちょうど夕方で黄金色に輝く国立博物館を写真に収められたのはいいのですが、昼間や夜は時間がなく行けませんでした。

 このヴァーツラフ広場に限ったことではありませんが、プラハの街並みはどこへ行っても朝、昼、夕方、夜とそれぞれに趣があって、その全てを満喫したいと思う人には3日や4日の滞在ではとても足りないと思います。
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。