上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夕焼け小焼けの? 

とんぼ1

 蜻蜒(qing1ting2)昨日はカマキリの話題が少々過ぎたので、今日は清涼感漂うトンボの写真で。

 とんぼはこちらが近づいても意外とじっとしてくれました。被写体としてはいいですね。羽の爽やかな透明感をうまく出すのが成功のカギ?

とんぼ2

 赤いけどこれって所謂赤とんぼなんでしょうか?とんぼは種類が一杯あるようでどうやって調べればいいのかわかりません。

 でももし赤とんぼだとしたら、いよいよ迫ってきた秋の気配。猛暑の毎日ともようやくお別れ?うん、赤とんぼだと信じたい(笑)。
スポンサーサイト

カマキリを見て思う 

カマキリ1

 蟷螂(tang2lang2)。中国語にするとゴキブリと一字違い。発音も似ていますが、こちらは少年達の憧れ、カマキリ

 東京の真ん中、日比谷公園で発見。いやー、まだまだ東京にもいるもんですな、こういうヒーロー系昆虫。

 カメラを持っているとついついアップで撮りたくなります。それがデジイチならなおさら。

カマキリ2
 改めて眺めてみると、何という素晴らしいプロポーション!筋骨隆々(?)の発達した太い腕。ジーンズが似合いそうな細くて長い足。お目目パッチリ余分な贅肉のない三角形の顔。お腹はちょっと出てるけど引き締まったボディ(このお腹も我々からしてみれば尻尾みたいなもんですからね)。ダイエッターとして見習いたい理想のカラダです(笑)。

 ファインダー越しにシャッターチャンスを狙っていると、その細かい仕草に改めて気付かされます。腕をよく舐めたりとか、体をゆらゆらと左右に揺すったりとか。

 そう言えば一つ思い出してしまいました。カマキリにまつわる思い出。

 子供の頃カマキリの卵を発見して家に持ち帰ったのです。虫かごに入れて数日放ったらかしにしてたら、ある日卵が孵っていました。いやー、初めて知りました。カマキリって卵からあんなに一杯の固体が孵るなんて。。。虫かごの中も外もミニカマキリだらけ。虫かごって通気のための小さな穴が一杯あいてるんですが、そこから無数のカマキリが這い出してきていて…。子供の頃の私にとってその光景は阿鼻叫喚の地獄絵図。虫かごをベランダに置いていたのは幸いでしたが、あれを部屋の中に置いていたらと思うと。。。もっともベランダで生まれたカマキリも、結構な量がわずかな隙間を辿って部屋の中に進入してきていたため、親からこっぴどく叱られたわけです(^_^;)。
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。