上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都回想 紅葉まとめ 

人力車

 今まで紹介しきれなかった京都での紅葉写真をいくつか載せて、京都回想を締めくくります。

 まぁー、とにかくモミジが多いんですね、京都って。東京はどっちを向いてもイチョウばかりですので、赤く染まる紅葉を見ると何だか浮き足立ってしまいます。

金閣寺

 モミジが集まっているので、こんな風にモミジが渦を巻いて迫ってくるような面白いアングルも見つけました。(金閣寺にて)

東福寺

 こちらはモミジに飲み込まれていくようなイメージ(笑)。(東福寺にて)

真如堂

 あと、たまにイチョウのように真黄色に染まっているモミジも新鮮でした。これって種類が違うのか、それとも気候とかによるんでしょうか。(真如堂にて)

永観堂3

 そうかと思うとたまにまるでペンキで塗ったかのように赤いのに出会ってはっとさせられます。タクシーの運転手に聞いた話では、今年は夏場の雨が少なくて、綺麗に色づくよりも前に枯れてどす黒くなってしまうモミジが多かったそうです。そんな中でこんな真っ赤なモミジは、今年の京都では珍しかったようです。(永観堂にて)

永観堂1

 こんな風に色が変わっていく過程にある様々な色のモミジを見ることができたのはラッキーでした。ちょうどこういうシーズンに行けたことに感謝。オレンジ色のモミジも可愛いです。(永観堂にて)

永観堂2

 濡れた石とセットにするとさびのイメージが強調されますね。とにかくものすごい喧騒の京都ですから、せめて写真では静けさを。(永観堂にて)

 今回の京都は食べ物の写真が少なかったのであと一枚だけ。

 祇園を歩いていたら何やら行列を作っているお店を発見。

みたらし団子

 目の前で焼いているそばからどんどん売れていくみたらし団子

 寒空の下、はふはふ言いながら熱々のお団子を頬張ることの幸せよ♪正直、湯豆腐よりこちらの方が美味しかったです。

 随分遅くなりましたが、明日からは広島、神戸をアップします。
スポンサーサイト

京都回想 高台寺 

高台寺

 こちら高台寺へも時間配分の関係から夜間の拝観。

 昼間に来たことがないのでわかりませんが、夜来てよかったなぁと思えたのがまるで鏡のようにきらめく水面。この世のものとは思えない美しさに、ただただ溜息が漏れるばかりです。

 この時ほど広角レンズを持っていないのを悔やんだことはありません(^_^;)。

竹林1

 山際にある竹林のライトアップも青や緑に幻想的で素晴らしかったです。竹林のライトアップって意外と他にないのでは?

竹林2

 お庭では庭全体をスクリーンに見立てて現代アート風な映像を流しており、その不思議な立体感覚と描写能力の高さに、じっと見ていると頭が酔ってくること間違いなし(笑)。

 お庭で繰り広げられる光の芸術は実際に見てのお楽しみ。夜間拝観は12月9日までです。

京都回想 清水寺 

清水寺

 京都と言えば金閣寺と並んで挙げられるのが、ここ清水寺でしょう。

 清水寺へは時間配分の都合上、夜のライトアップを拝観。

 紅葉の集客シーズンに限ってライトアップをしているようです。他のシーズンでもやっているのでしょうか?

 光に照らされた紅葉を見ると言うよりも、幻想的なお寺のシルエットを愛でるというのが楽しみ方かな。

 昼間は恐らくあまりはっきりしないであろう京都市内の夜景も一緒に堪能できるので、この時期はライトアップ拝観の方がお薦めです。
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。