上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

広島回想 岩国 山賊 

山賊

 今回広島オフ会の同行者はるちかさんから是非行こう!とお誘いを受けていた山賊というお店。オフ会告知のコメント欄でもさんすけさんtwnさんからお薦めいただいたので、とっても楽しみにしていました♪

 錦帯橋を後目にバスで山道を登ること30分くらい?でしたでしょうか。灯りが全く見えないヘアピンカーブの続く山奥、携帯電話の電波も届かない山奥、そこに山賊はありました。

山賊遠景

 山火事( ̄△ ̄;?!

 そこだけ風雲たけし城(はるちかさんのお友達談)のように異彩を放っていました。

山賊内

 砦の中に一歩入ると、そこは白熱灯を多用した異次元空間。見渡す限りオレンジ色の空間で、頭が軽く酔っ払ってしまいました。だって山の一角が全部居酒屋店内の色ですよ(笑)!

 原型はどこにでもあるようなドライブインなのかもしれません。それが調子に乗って行き着いた成れの果て??

山賊店内

 肝心の店内は山奥の民家風で、囲炉裏を囲んで野趣溢れる郷土料理を味わうことができます。

山賊焼き

 山賊焼(若鶏腿肉の豪快炭火焼)、人気メニューらしく実に美味かったです。串にささったままあっという間にペロリ。

山賊ひちりん

 その他山賊むすびも餃子もひちりんもこん刺しも美味しくいただきました。

欽明路

 帰りは最寄の岩徳線、欽明路という駅から広島まで戻りました。もう二度と利用することがないかもしれない駅かと思うと、いとおしくなって記念にパチリ。

欽明路時刻表

 1時間に1本というローカル線で、完全に無人駅でした。wikipediaによれば欽明路駅一日の乗客数77人だそうです。この日は私達だけで4人利用して利用者数アップに貢献しました♪

欽明路ホーム
スポンサーサイト

広島回想 岩国 錦帯橋 

錦帯橋1

 錦帯橋という橋の知名度はどれほどあるのでしょうか。岩国と言えば錦帯橋ですが、そもそも岩国自体あまり馴染みがないかもしれません。

 山口県の東端に錦帯橋という、それはもう優美な曲線を描いた太鼓橋があります。川幅がおよそ200mもあるのでアーチが5つも続いており、その華麗な様は見る者を魅了します。

錦帯橋2

 橋脚は堅固に石垣を積んでおり、上部の橋本体は組み木で弧を描いています。その剛と柔の対比もお見事。

錦帯橋3

 こんな美観を優先したような橋ですが、この川がよく氾濫を起こすので実はそれに応じて機能性を追求した結果、このような形になったそうです。

錦帯橋4

 いざ渡ってみると木材のしっとりした感覚が足に伝わってきます。手すりにも木の温もりを感じて、いつまでも橋の上でたたずんでいたい不思議な気分にさせられます。

 ここへ来たのは2度目。初めて来たのは小学校低学年の頃でした。川原で売っていた焼きとうもろこしを親に買ってもらって、口の周りをベタベタにしながら齧りついていた思い出があります。あの焼きとうもろこしはうまかったなぁ(´∀`)。

 今回も思い出にひたって焼きとうもろこしをつまみ食いしたかったのですが、このすぐ後に楽しみにしていた山賊での夕食を控えていたので、すいたお腹をなだめながらバスに乗り込んだのでした。
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。