上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3ヶ月ぶりの面接&ダイエット経過報告 

お皿

 前回6月4日でしたから、ほぼ3ヶ月ぶりの面接。

 私が変にこだわりを持っているせいか、大体1ヶ月に2通応募書類を提出するような牛歩ペースで、こうして面接までこぎつけるのは珍しい(?)ことです。

 感触はとてもよかったんだけどなぁ。。。30分の予定時間のところを、普通の世間話するような感覚で1時間半くらい面談していたし。

 新卒の時もそうでしたが、大体面接の時に楽しく談笑できるような感じだとまず問題ないと踏んでいます。

 ただ今回の場合、職種は今までの私の経歴を生かせるものの、業種が全く異なるので、その点面接官の方も私もお互い首をひねりながら長丁場の話し合いになりました。

 頭の中で描ききれませんでした。その会社で仕事をしている自分の姿を。いい加減多少は妥協して早く決めなければとは思っているのですが、多分今回は辞退してしまうだろうな…。

 ところで今回面接に出向くにあたって一瞬冷や汗をかきました。

 ちょ、、、このスーツ、ハカマかよ(!)。。。

 3ヶ月前と言えばちょうどダイエットを始めた頃。

 今月も、先月の 74kg → 71kg と順調に減っていて、ダイエット開始時期と比較すると実に13kg減

 そりゃスーツもハカマになるわな。

 ダボダボのスーツがあまりにみっともないので、昔のスーツを引っ張り出してきて何とか事なきを得ました。それでもちとブカブカしてましたが。ダイエット終了したら服全部買いなおさないとなりません。新たな出費が痛い…。
スポンサーサイト

大陸写真館 雲南省 昆明 石林 

路南石林

 最近ちょっと驚いています。

 何がって、、、私のブログにお越しいただいている方は圧倒的に台湾フリークが多いと思っていたのですが、ここのところエントリーしたチベット兌換券古い上海の写真などに予想以上の反響がありました。私よりも随分昔から大陸とつながりを持っていらっしゃる方が結構多いようで、私としては今後も安心してこの大陸写真館コーナーを続けられるというものです。

 今日は中国の奥地、昆明にある石林の写真をご紹介します。

石林地図

 (地図はGoogleマップさんからお借りしました)

 石林はその名が示すとおり、巨大な石が林立している典型的なカルスト地。その範囲は非常に広大で、400平方kmというのだから驚きです。園内では森のような石の迷路を歩いていくわけですが、視界に入るものは石ばかり。歩いている道も石、上を見上げても石。一通り歩いて回るとかなり足にきますが、天下の奇観と言われるだけあって、歩いていて全く飽きるということはありません。

石林入り口


 さて、こちらの写真は石林入り口のチケット売り場で、ガイドを担当する若い女の子達が民族衣装に身を包んで待機しています。

 写真が小さくて読み取れないかもしれませんが、窓口には国内游客 乙票 26元、国外 港澳 客 甲票 33元と書いてあります。

 これぞ当時噂の悪名高き外国人料金。お金を持っている外国人には外貨を落としてもらおうという非常に姑息な値段設定。

 ここはまだ両者の差が小さいのでいい方です。外国人料金が中国人の5倍というとんでもない価格設定に遭遇したこともあります。

 そこで当時のバックパッカー間でのホットな話題と言えば、いかに中国人になりすまして中国人料金で観光地に入るか、でしたね(^_^;)♪

 そこは顔つきが似ている日本人や韓国人が有利。できるだけ現地人に見えるように薄汚れた服装をして、もちろんガイドブックやカメラはバッグなどに隠し、そしてお金は財布に入れずにポケットにくしゃくしゃにして入れておく、チケット売り場では多くを語らない、、、などなどいくつかの心得がありました。もちろん最低限の中国語が発音よくできることが前提条件です。

 私はなかなかいい確率で中国人料金で入ることに成功しましたが、1箇所悔しい思いをしたことがあります。西安の兵馬俑。チケット売り場では中国人のチケットを買うのに成功したものの、なぜかモギリのおじさんに外国人だと見破られ、中国語で応戦したものの敗北。。。再びチケット売り場に戻って、高いチケットに交換してもらったのでした。

 この外国人料金もいつの頃か完全に廃止(禁止?)になりました。あのスリルが味わえなくなったのを、心のどこかで寂しく思っている自分がいます(笑)。

 1995年8月撮影。

船三昧の一日 

空母模型

 (被写体の内容に他意はありません…)

 本日はブタ子さんに誘われて船の科学館へ。

消防庁放水

 メインは東京湾を船で一周して色んな船や港湾施設を見よう!というイベントへの参加だったのですが、あいにく曇り空でカメラの設定に悩んでいるうちにイベントは終了(泣)。結局ろくな写真が撮れませんでした。うーん、、、曇りの日の屋外って難しい。。。

荷役クレーン

 それより意外と収穫だったのは、イベントの時間外で見学した船の科学館内での撮影。

 室内で暗く、白熱灯+蛍光灯という複合光源、更にガラス張りという悪条件ながら、緻密な船舶模型を描写する能力の高さよ。モノ撮り、はまりそうです(^_^;)。

 今回船の科学館を訪れるのは実に20数年ぶり。小学生の課外活動向けかなーという印象しかなかったのですが、意外に大人になってからも楽しめることがわかりました。

 そういえば最近大人向けの付録付き科学雑誌が流行ってますよね。少年の頃のワクワク感を少年の時とは違う視点で愉しむ。なるほどこういう愉しみ方もアリだなー。さて、ついて来れない元(?)少女の皆さん、今何を愉しむ??

大陸写真館 12年前の上海浦東 

浦東

 昨日に続いて今となっては貴重な写真をご紹介。

 12年前の上海で外灘から浦東側を撮った写真です。

 他の都市が100年かかって経験することを10年で経験すると言われる上海。それくらい上海の発展のスピードは、今の日本では考えられません。

 外灘に立ち黄埔江を挟んで浦東側を記念撮影。初めて上海を訪れる観光客だったら100%そうするだろうという定番の撮影スポットです。

 最近上海へ行かれた方は自分の撮影した写真を取り出してみてください。写真がないという方も風景を思い出してみてください。

 12年前の浦東はこんなにも何もないところだったのです。手前にあるいくつかの中層ビルを除いては地平線。

 東方明珠テレビ塔がなければ果たしてどこで撮った写真かすらわからなかったでしょう。

 1995年7月撮影。

南京東路

 もう一枚おまけの写真。上海随一の繁華街、歩行者天国になる前の南京東路です。こちらは11年前。

 片側わずか1車線。しかもそこにトロリーバスが走って乗客が乗り降り、更に歩行者は至る所で道路を横断、、、渋滞は日常茶飯事でした。ちょっと前の中国と言ったら割と当たり前の光景でしたが、こういうのも段々少なくなりました。進歩していないようで進歩しているんですよ、かの国も。

 1996年9月撮影。


(2007年9月9日追記)

 天气很好!ぞんいえさんが現在の同じ場所で写真を撮ってくださいました!感激です!ありがとうございます!

15年前の北京にて兌換券 

兌換券1

 讃岐おばさんさんが北京の観光地の写真をアップしていらっしゃったので、私も「まもなく10万ヒット」にあやかってトラックバック(^_^;)。

万里長城92

 北京にはいくつかの著名な観光地がありますが、私は初中国となる15年前にそれらに行って以来行く機会がありません。北京自体ももうすっかりご無沙汰です。今頃オリンピックに向けていろいろ変化が激しいんだろうなぁ。。。

 その当時流通していたこのお札。

 見たこともないという人も多いのでは?

 中国の外貨兌換券

 昔、中国には2種類のお札が流通していました。1つは今も使っている人民元、そしてもう1つがこの兌換元。

 外国人が銀行で外貨を中国通貨に換えると人民元ではなく、この兌換元に換えられます。

 もちろん普通にお店で使える紙幣で、人民元と兌換元は額面が同じであれば等価のはずなんですが、兌換元の方はプレミアがつき兌換元の方が高くなる闇レートが横行していました。

 私たち外国人が人民元で払おうものなら、兌換元持ってんだろ、そっちで払えよなんて要求される始末。

 1994年末で廃止されたので、今は使えません。もう13年前かぁ。

 当時中国語のテキストには例文にこの「兌換券」という単語がよく出てました。今となっては全く覚える必要のない単語です。

兌換券2

 いやー、、、それにしてもこのレンズ、室内でモノ撮るのにスゴイ能力発揮しますわ(笑)。今度は食べ物にも挑戦しよう♪
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。