上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一体何種類あるのか?? 

マンゴー、ライチ
 前回ブルーベリー味を試してみたLay’s(楽事)のポテチ。出張先近くのスーパーでホームページには載っていないフレーバーの物を発見しました。限定品か?なかなかマニア心をくすぐってくれます。

 マンゴーライチ。この組み合わせって台湾ぽい(笑)。早速食べてみました。

 ライチは袋を開けた途端にライチの香りが漂います。ポテチからライチの香り。目から入った信号と、鼻から入った信号が全く違うので、一瞬脳がついていけません。実はライチの上にポテチの写真が置いてあるのではないかって疑うくらいです。お味の方は、、、激アマ(>_<)。これは失敗、大失敗。そうですね、甘いポップコーンが許せない人は手を出さない方がいいです。

 マンゴーは一転、袋を開けてもマンゴーの香りはあまりしません。食べてみるとこちらも甘い。でも甘みの中に深みあり。コッテリした感じはコンソメパンチに通じるところがあるかも。前回のブルーベリーもそうでしたが、味の濃いフルーツは意外と合うのかもしれません。となると、もし釈迦頭なんかあったら美味しいかな(^_^;)。。。

 今後も引き続き他のラインナップを試していきますので、請うご期待。
スポンサーサイト

ぜいたく 

プール
 中国赴任になって1年半。今まで各地に出張に行きましたが、いつも単独行動ですので移動とコストパフォーマンスを考えて宿泊先を選んでいました。が、今回は久しぶりの来客アテンド。この1年半に泊った中で一番高いホテルに泊まりました。

浴室

 最近中国ではブームになりつつある温泉。今回泊ったのはそこそこ有名な温泉リゾートホテルです。中国のホテルらしからぬ中庭、プールつき。併設の露天温泉SPAには50種を超える露天風呂が(ドクターフィッシュまでいます)。そしてホテルの部屋にも温泉。

 聞いたところによればオーナーは台湾人とのこと。うーん、さもありなん。

 ただ悲しいかな、出張で来ているので夜遅くのチェックイン、そして朝早くにチェックアウト。こんな豪華なリゾートホテルにこんな泊り方するのも、ある意味ぜいたく?!

ようやく初体験 

Lay's
 中国でこれまで色々食べてきましたが、サソリやセミは食べても、手を出していない食べ物がありました。買って食べようという気になれないと言いますか。。。

 中国や台湾では大きなシェアを誇るポテチメーカー、Lay’s(楽事)。その商品の1つ。ブルーベリー。どうも頭の中でポテチとブルーベリーが結びつかないのです。

 酔った勢いで買って食べてみました。結果、、、

 甘じょっぱくて意外とウマイ!

 偏見はよくありませんね。これで他のラインナップ、きゅうりレモンキウイさくらんぼトマトも試してみようという気になれます。

酢豚 

糖醋肉段
 まだ子供が小さいので休みの日は私が料理当番、仕事の日はツレが料理するか出前という毎日。日本で出前と言えば、蕎麦や寿司、はたまたピザなど選択肢が限られますが、こちらでは家の近所の食堂からジューススタンドに至るまで何でも出前可能。中国語ができれば餃子一皿、ジュース1杯でも届けてもらえます。

 今にも破れそうな弱々しいビニール袋に入れて届けられますが、お皿に盛り直せばまるで家で自作したかのような立派な料理に変身。(上海では最近ビニール袋ではなく、使い捨てのタッパーに入れてくれるお店もちらほら…)

 一番手前は酢豚。以前上海へ一人で旅行していた時は、この一皿とビールで夕食としたものです。

 酢豚は日本語であって、中国で酢豚と書いても通じません。上海近辺では咕咾肉とか咕嚕肉とメニューに書かれているのが多いような気がします。一方教科書で習うような中国語では糖醋排骨と書かれます。

 何をもって咕咾肉と呼び、何をもって糖醋排骨と呼ぶのか今もって謎です。明確な違いと言えば排骨が骨付き肉を意味するので、骨があるかどうかということになりましょうか。ちなみに冒頭の写真は糖醋肉段で骨なし。これは咕咾肉ではないのか。。。調べてみると糖醋肉段という書き方は東北料理だそうです。

 咕咾肉は広東料理という説もあります。私の印象では咕咾肉は野菜がなくて、黒酢を使った真っ黒の肉だらけ。糖醋排骨は日本の酢豚のイメージに近くて、キャラメル色の肉に色とりどりの野菜だけど、骨付き肉。個人的には前者の方が黒酢のまろやかな香りが濃厚で好みです。

やっと喜んでくれました 

学歩車
 これ、日本語で何て言うのでしょうか。中国語だと学歩車。その名の通り、歩くのを学ぶ車。台湾では螃蟹車とも言うらしいです。こちらはカニの車。どちらにしてももっともらしいです。

 今までベビーベッド(=家)、ベビーカー(=車)と買い与えましたが、いずれにも興味を示さなかった我が子。一方こちらの学歩車(=自転車?)はたいそうお気に入りのようで、方向は自分でコントロールできないものの、足で蹴ってあちこちに向かって行きます。

 まだ寝返りも這いずりもできないので、これを使えば自分の力で移動できるのが楽しくて仕方ないようです。一杯運動してくれるおかげで寝付きもよくなり、こちらとしても嬉しいかぎり(笑)。

 でも頭と同じ高さにテーブルの角があったりするので目が離せません。タオルでも巻きますかね。
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。