上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大陸写真館 西蔵(チベット) 拉薩(ラサ) 

ポタラ宮

 チベットは旅好きをワクワクさせる響きがあると思います。

 チベットは本来チベット民族が居住生活する地域を指して言いますが、その地域は現在中国、インド、ネパール、ブータンという4つの国に跨っています。中でも中国はそのうち主要地区を含む大部分の面積を実効支配しています。ここで実効支配と言う言葉を使うのは、チベット民族が望んでいないにも関わらず、中国政府が実質的に占領支配している状態だからです。当然チベット民族と漢民族の衝突や対立は過去に何度も発生しており、ちょっと状況は違えどその決着の行方は台湾と合わせ語られ世界中でも注目されています。

 中国国内でチベット民族は更に西蔵自治区、青海省、四川省、甘粛省、雲南省などに分布していますが、その中で最も集中しているのは西蔵自治区であり、時にこれをチベット自治区と読み替え、西蔵=チベットとして語られることが少なくありません。

ラサ地図

 (地図はGoogleマップさんからお借りしました)

 チベットの文化及び政治の中心となるのはラサ(拉薩)。ここには世界遺産や秘境を紹介する写真集などでお馴染みのポタラ宮が荘厳な面持ちでたたずんでいます。

 海外旅行が自由になったこのご時世、それなのにこの観光資源豊富なチベットへの旅行が余り一般的ではない理由は2つ。それは入境許可証(パーミット)の取得と、極端な標高差の問題。

 旅行者が西蔵自治区を旅行するには、現地の旅行社を通じて許可証を取得しなければなりません。中には許可証なしで行く人(バスなど)もいますが、一応表向きはこのパーミットは必要ということになっています。

ラサ市街バルコル

 そして標高差の問題ですが、多くの旅行者にとってゲートシティとなるラサで海抜3,700m。富士山山頂とほぼ同じ。飛行機を降りた途端に高山病で倒れる人も多いのです。この高山病がなかなか厄介で、高山病になる人とならない人が事前に分からないこと、そして高地慣れしているような人が体調次第で高山病になってしまったり、また乗り物酔いなどと違って逃げ場がないことから、万一重度の高山病にかかってしまった場合のことを考えるとどうしてもハードルが高くなってしまうわけです。

 私もラサに到着してから初日は完全にダメでした。頭がガンガンして、心臓バクバク、呼吸が苦しくて、眠気があるのに眠れない。。。高熱出して寝込んでいた方が楽かもと思えるほど。幸い翌日は大分よくなりましたが。最悪は死に至るケースもあるので甘く見てはいけません。

ポタラ宮遠景

 また天候も厳しいです。極端な高地のため太陽がとても近く、皮膚を直接ジリジリ焼いてきます。チベット人などまるで火で焼かれてススまみれになったかのように真っ黒の皮膚をしています。(チベット人は体を洗う習慣がないというのも要因ですが…)反面夜になると気温は急激に下がります。昼夜の寒暖差が20~30℃となるので、もはや私たちには想像し難い世界です。日の当たるところだとジリジリと日に焼かれるような酷暑ですが、ちょっと木陰に入るだけでまるでクーラーの効いた部屋の中にいるように感じます。

 さて、ちょっと長くなってしまったので続きは明日にします。

 2002年9月撮影。
「チベット」と聞くと、やはりロマンを感じてしまうというかなんというか。一度は行ってみたい場所です。
が、やはりなかなか過酷なのですね~。
パーミットの取得、標高差、気温差。
行くなら若いうちかな?
なーんて、もう若くないか・・・涙
[ 2007/08/23 09:58 ] [ 編集 ]
こんにちは。チベットの高山病の件、読んだだけで今の私にはちょっとツラい感じです。
[ 2007/08/23 11:58 ] [ 編集 ]
ブラッドピットに憧れて(笑)いつかは行ってみたいなぁ、と思ってたんですけど、高山病かぁ・・・。
「逃げられない」ってのはつらいですね。

でも、いろんな写真見てると、本当に行ってみたくなります。
[ 2007/08/23 12:20 ] [ 編集 ]
けんこうさん
そうですねー、やっぱりできるだけ体力のある若いうちの方がいいと思います。まぁ最悪ずーっと酸素ボンベに頼るという手もあります。ラサでは街中で普通に酸素ボンベが売っていますので。濃度の濃い酸素を吸えば少し楽になれます。

TKさん
意外と平気な人もいるので何とも言えませんよ。上にも書きましたように酸素ボンベという手もありますし。飛行機だと標高差を急に感じますが、今は鉄道ができましたからねー、ゆっくり体を標高の変化に馴染ませることも可能です。
[ 2007/08/23 15:06 ] [ 編集 ]
Naoさん
チベットはもう文化やら景観やらが、普段私たちが接するものと違いすぎるので、どこへ行っても何を見ても写真を撮りたくなります。今日のアップで書きましたが、特に空の青さはまた格別です。
[ 2007/08/23 15:09 ] [ 編集 ]
チベット、行きましたよ~。
私が行ったのは大昔で、なんと20年も前の話です。
わあ、年ばれるかな?

ぜえぜえいいながらポタラ宮を上りました。
ここでは妙な思い出があります。
なんと、ポタラ宮の中で、お坊さんに勧められて地元のどぶろく(チャン)を茶碗に5杯飲んでしまい、その時は大丈夫だったのですが、ホテルに帰ってから急に酔いが回り、部屋の天井がぐるぐる回って見えて、ベッドに倒れ込みました。

私が行ったときは6月でしたが、確かに朝夕と昼間の温度差がずいぶんあったのを覚えています。
一日の中に季節があるみたいでした。
[ 2007/08/23 23:20 ] [ 編集 ]
高山病には「コカ茶」でしたっけ?
コカの葉っぱを噛みませんでした?
[ 2007/08/24 07:25 ] [ 編集 ]
ももママさん
何と!!20年も前に行かれているとは!!
私実はポタラ宮に入っていないんですよ。もう全く元気なくて。。。チベットのお坊さんってお酒飲むんですかー!高地のお酒は効きますよね(笑)。

ziziさん
コカ茶ですか、それは知りませんでした。もしかしたら売っていたりしたのかな??
[ 2007/08/24 18:45 ] [ 編集 ]
中国であと絶対に行っておきたい場所の一つですね。
もっと若いうちに行けば良かったのですが、
旅行代もかなりかかりますもんね。
高山を見るのが好きなので、来年か再来年には是非と思ってます。
[ 2007/08/26 14:46 ] [ 編集 ]
anmimiさん
もう雲南も行かれてますし、残すは、、、!って感じでしょうか。体力面は案外行ってしまえば行ってしまったで何とかなると思います。そうですね、二の足を踏むもう一つの要因は旅行費用ですね。学生の時なんか検討対象にもなりませんでしたもの。チベットは会社辞めてから、会社勤めで蓄えた資金で行く!これしかないでしょう(笑)。
[ 2007/08/26 19:43 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。チベットなのでたまらずコメントです。
私も10年位前に行きました。(時がたつのは早いですね。)
もちろん高山病にやられて寝っぱなしでした。
若者のほうがやられるらしいですね。高山病。
一緒に言ったおばさま方は元気に出かけていって、ひと冒険してました。
そしてチベットの人にすごい親切にしてもらったらしいです。
私はポタラ宮殿ぐらいにしか行ってません。
しかも印象に残ってるのはそこのトイレ・・・。衝撃でした。
チベットの空の青さはすごいですよね。空がとても近くて。
いつかまた行けたらいいなと思います。
[ 2007/08/29 01:01 ] [ 編集 ]
camecacoさん
お久しぶりですね!またお越しいただいて嬉しいです。ありがとうございます。
高山病、若者の方が弱いんですか。じゃぁ30台、40台でもまだまだ行けるかな?!私も機会があればまた行きたいと思っているのですが、やはり高山病が心配で。。。
[ 2007/08/29 20:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。