上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大陸写真館 雲南省 昆明 石林 

路南石林

 最近ちょっと驚いています。

 何がって、、、私のブログにお越しいただいている方は圧倒的に台湾フリークが多いと思っていたのですが、ここのところエントリーしたチベット兌換券古い上海の写真などに予想以上の反響がありました。私よりも随分昔から大陸とつながりを持っていらっしゃる方が結構多いようで、私としては今後も安心してこの大陸写真館コーナーを続けられるというものです。

 今日は中国の奥地、昆明にある石林の写真をご紹介します。

石林地図

 (地図はGoogleマップさんからお借りしました)

 石林はその名が示すとおり、巨大な石が林立している典型的なカルスト地。その範囲は非常に広大で、400平方kmというのだから驚きです。園内では森のような石の迷路を歩いていくわけですが、視界に入るものは石ばかり。歩いている道も石、上を見上げても石。一通り歩いて回るとかなり足にきますが、天下の奇観と言われるだけあって、歩いていて全く飽きるということはありません。

石林入り口


 さて、こちらの写真は石林入り口のチケット売り場で、ガイドを担当する若い女の子達が民族衣装に身を包んで待機しています。

 写真が小さくて読み取れないかもしれませんが、窓口には国内游客 乙票 26元、国外 港澳 客 甲票 33元と書いてあります。

 これぞ当時噂の悪名高き外国人料金。お金を持っている外国人には外貨を落としてもらおうという非常に姑息な値段設定。

 ここはまだ両者の差が小さいのでいい方です。外国人料金が中国人の5倍というとんでもない価格設定に遭遇したこともあります。

 そこで当時のバックパッカー間でのホットな話題と言えば、いかに中国人になりすまして中国人料金で観光地に入るか、でしたね(^_^;)♪

 そこは顔つきが似ている日本人や韓国人が有利。できるだけ現地人に見えるように薄汚れた服装をして、もちろんガイドブックやカメラはバッグなどに隠し、そしてお金は財布に入れずにポケットにくしゃくしゃにして入れておく、チケット売り場では多くを語らない、、、などなどいくつかの心得がありました。もちろん最低限の中国語が発音よくできることが前提条件です。

 私はなかなかいい確率で中国人料金で入ることに成功しましたが、1箇所悔しい思いをしたことがあります。西安の兵馬俑。チケット売り場では中国人のチケットを買うのに成功したものの、なぜかモギリのおじさんに外国人だと見破られ、中国語で応戦したものの敗北。。。再びチケット売り場に戻って、高いチケットに交換してもらったのでした。

 この外国人料金もいつの頃か完全に廃止(禁止?)になりました。あのスリルが味わえなくなったのを、心のどこかで寂しく思っている自分がいます(笑)。

 1995年8月撮影。
それを見るたびに、いまいましい思いをしていました。
私も同じような手段を使って(たいてい成功)鋳ました。対抗手段で絶対したのが、料金支払い窓口にくちゃくちゃにした紙幣を放り投げるというもの。
日本に帰国してから、お行儀悪くなったのは言うまでも有りません。すっかりくせがついてしまいました(笑)
これ、やったでしょ?
[ 2007/08/30 16:08 ] [ 編集 ]
これも超懐かしいです!
20年前に行きました。
が、あの頃で、サニ族でしたっけ、もう日本語が上手な人がいっぱいいて、びっくりしたのを覚えています。
サニ族の民族衣装にあこがれていたので、一式セットを買いました。

「中国人になりすまして中国人料金で観光地に入る」という手、私も時々使いました。
特に西洋人と一緒にいるときは有効でした。
通訳の中国人と間違われて私だけ中国人料金になった、ということが何回かありました。
[ 2007/08/30 22:33 ] [ 編集 ]
マツモトさん
ははは(^o^)、やりましたとも!
地方に行けば行くほど、お金は湿っててぼろぼろで丸まってましたよね。セロテープで「よくぞここまで」というほど修復されたお金もありましたし。無言でいいから、そういうのを窓口で投げ入れれば意外と成功率高かったです(笑)。

ももママさん
ももママさんもいろいろ行かれてますねー。
そうでした、確かサニ族。私が行った時も日本語がとても流暢な人たちが一杯いました。何でそんなに上手なの?と聞くと、サニ族の言葉は日本語に似ているから覚えやすいとか言ってましたが、、、どうなんでしょう。にしてもきちんと習ったわけでもなく、観光客を相手しているだけであそこまで上達するのはたいしたものですよね。
[ 2007/08/31 20:47 ] [ 編集 ]
石林、昆明、大理、麗江、行きましたよ♪
ツアーでしたから外国人料金だったんでしょうね。

大理で、集合時間に遅れそうになって走ったら息が切れました(笑)
麗江もそうですが、高地なので息苦しい時がありました。
[ 2007/08/31 23:57 ] [ 編集 ]
讃岐おばさんさん
調べてみましたら1997年までは外国人料金があったようです。ですのでそれ以後でしたら多分セーフ(?)。
そうですね。大理、麗江もかなり高地ですからね。昆明でも既に2000mありますから。
麗江は1996年に大地震が起きてから割とすぐの頃に行きましたが、街のあちこちに瓦礫が残っていて悲惨な状況でした。2年前に再訪した際には復興どころか、逆にあまりに観光地化していて驚きました(^_^;)。
[ 2007/09/01 20:54 ] [ 編集 ]
懐かしいですね~
兌換券とか外国人料金とか。
私が初めて上海に行った頃は、「100元札なんて人前で取り出さないよーに、危険です」って先生に言われました…
紫禁城とか、とにかく観光地で並ぶときに必死で中国人のフリしたのとか、懐かしいですねぇ…
[ 2007/09/02 00:26 ] [ 編集 ]
anmimiさん
あー!そうそう、それもありましたね!100元札は人前で出すな(笑)。でも、いつもお釣りもらおうとすると没有だったので、すぐに小銭がなくなってしまいませんでした?意識して常にお釣りをもらうように、買い物の時はとにかく頭使いましたねー。
[ 2007/09/03 00:41 ] [ 編集 ]
昆明には仕事で2年ほど行き来していたので、週末に仕事仲間と石林を見てきました。懐かしいなあ。私たちは中国人(仕事仲間の一人)が案内してくれたので何も裏事情はわからず、単純に石林を楽しんだものです。また、折り車をもっていたので、週末は昆明の郊外に足を伸ばしたのも良い思い出ですね。

湖もまだ水質汚染が残ったままだし、2年前には昆明の街は中心部の老街(というか単にぼろい街)を一掃して綺麗にしてしまった。あんな開発やる必要あるのかなあ?お気に入りの昆明一の漢方薬局の建物、まだ残っていればいいが・・・

ジョギングも好きなので、昆明の早朝のジョギング、公園でのバトミントン(現地の人から強制的にやらされた)が、懐かしいですね。
私たちの現場は山の中でして、厳しい場所で仕事していると、中国人のみんなそれぞれ一生懸命やっているし、仕事仲間に恵まれたと思っています。

麗江なんて、ジョギングしていてわかったんですが、真冬の朝6時(外は真っ暗)から、麗江高級中学校は補習授業が始まります。校門の前に、ずらっと並んだ屋台に直行して朝飯を買う生徒達。だいたいが、2元とか3元とかを握りしめてやってきます。6時になると校門がぴたっと閉まるので、生徒さんは必至に駆け込んでました。もうないですよねえ、こんな風景は日本には。こりゃ、経済戦争も学業も日本は負けるわ。

脱線してすみません。ちなみに昆明の標高は1600mだったと思います。実業団がよくマラソン合宿に来てますね。なつかしいなあ、久しぶりにいきたくなっちゃった。
[ 2007/10/24 23:13 ] [ 編集 ]
ナポリさん
コメントありがとうございます♪
昆明は私もこの12年前に行ったっきりですので、街並みも当時とは随分変わっていることでしょうね。近郊の大きな湖のある観光地へ行ったのですが、水の色が絵の具のような緑色をしていたので驚いた印象があります。
昆明の標高は1600mでしたか。訂正ありがとうございます。思い違いをしていたようです。あの標高の高さと、北京標準時とのズレが、非日常を感じさせてくれるんですよね。
[ 2007/10/25 14:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。