上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

澎湖回想 吉貝 有名になりすぎたリゾート天国 

吉貝

 2003年に海豚灣戀人というドラマが台湾で大ヒットしましたが、その中で撮影の舞台となったのがこの奇妙な形をした砂浜。

 近辺を流れる海流の影響で形成されたこの砂の岬は幅200m以上、全長700m以上もあり、吉貝のみならず澎湖においても象徴的スポットとなっています。

沙尾嘴

 もちろんこれだけ立派な砂浜があれば、この島へ来る目的と言えば水上活動です。ただし残念ながら私のカメラは防水対応していないため写真はありません。

石滬模型

 また前回紹介した石滬も数から言えばこの吉貝が最も多く、その数何と80余り。

 残念なのはこのビーチにしろ、石滬にしろ、上から眺められるような高台がないことです。

 このビーチにある小屋に宿泊することもできますが、一泊2,000元以上もするのはやはり有名税でしょうかね。水上活動には興味ない、単純に綺麗なビーチ脇でゆっくり過ごしたいという方には望安をオススメします。

 ただ開発されたリゾート地であるからこそ、お土産物屋や食堂の類は七美望安よりもはるかに充実しているのも事実です。(とは言っても馬公の比ではありませんが)

路標

 港周辺の集落も一見の価値あり。珊瑚を積み上げて壁にしているのは澎湖の他の地域でもよく見かけますが、こちらは家の壁自体が珊瑚です。青い道標が珊瑚の落ち着いた色に映えます。
日本からの便りですか 台湾 高雄も知らないのに、青い海に見せられました。吉貝 馬公 望安 七美いきたいな。
Zuiさんの説明が良いからでしょう。
[ 2007/05/17 00:44 ] [ 編集 ]
おはようございます、Qing Zui様

Qing Zui様、お帰りなさいませ。
ご帰国、お疲れさまでございます。

島を渡ったのは、高雄から旗津島だけ。
台湾ではまだ、本格的な島へは行ったことがないので、
こちらの記事で益々訪れてみたくなりました。
珊瑚で出来た町並み、ふらりと散歩がしたくなります。
[ 2007/05/18 10:08 ] [ 編集 ]
とんぼさん
私は沖縄に行ったことないので比較できませんが、この澎湖の青い空と青い海は行く価値あります!まぁ最近では沖縄も海外旅行と変わらないくらいの旅費とも聞きますし。

いけこさん
旗津には行かれたんですね。今回のご旅行で行かれたのでしょうか。美味しい海鮮料理召し上がりましたか?澎湖は海好き、島好きにはたまらないと思います。是非!
[ 2007/05/18 15:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。