上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大陸写真館 広西壮族自治区 桂林 

桂林独秀峰

 先日中国の有名な観光地桂林でちょっとした騒ぎが起きたようで、日本でも報道されています。

桂林地図

 (地図はGoogleマップさんからお借りしました)

 有名な川下り(漓江下り)の船業者が、今後政府系旅行会社に管理費を納めなければならなくなるらしい。で、その額が問題。170元の乗船料に対して130元も徴収されてしまうそうで、そりゃたまったものではないでしょう。で、警官隊と衝突したらしいです。

 ・・・今正規の乗船費用170元なのか。。。日本からツアーに参加する人はこんなの気にする必要は全くないのですが、個人でこの川下りに参加するのには価格交渉が結構大変です。私は1998年と1999年に2回訪れていますが、もっとふっかけられたような気がするなぁ。桂林はとにかくこの川下りの客引きがすごくて、言ってくる価格も色々。とにかく正規の価格帯がわかりづらかったです。

 街中を歩いていると常に人がまとわりついてきて、川下りの説明をし始める。ホテルでも夜中に、ホテルの従業員ともども部屋にドヤドヤ入ってきて川下りの説明をし始める。。。

桂林

 そんなこんなで桂林ではツアーで団体行動したり、高級ホテルに泊まるのでなければ、なかなか落ち着いて観光もできません。

 桂林市内も結構見所多いのですがね。

 と言うわけで今回の大陸写真館では1998年に訪れた桂林の漓江下りをご紹介します。明日に続く。

 1998年10月撮影。
20年前に訪れました。
その頃でも漓江下りの客引きがすごかったです。
正直、うっとうしいな・・・と思いました。

けれど、桂林の営業マンと仲良くなったおかげで、窮地を救われたことがありました。
桂林って交通の便の悪いところですよね。
次ぎに昆明へいきたかったのですが、鉄道の切符が買えなくて困っていたら、ある営業マンが鉄道局の知り合いにかけ合ってくれました。
鉄道局の偉い人の息子さんと知り合いだったらしく、「没有」のはずだった寝台券を確保してくれました。
うるさいと思っていた営業マンですが、最後には感謝して別れました。

20年前も川下りは割と高かったような気がします。
60元くらいだったかな?
[ 2007/10/05 23:31 ] [ 編集 ]
ももママさん
やはり、ここは中国旅行では定番ですね。景色は素晴らしいところですが、有名観光地である分、客引きがしつこいのは残念です。静かな雰囲気に浸るのであれば、今日アップしたような川沿いの村落に行くしかないかもしれませんね。
[ 2007/10/06 13:15 ] [ 編集 ]
港龍航空のツアー(といっても我々二人だけ)で
行ったせいか、その辺は全然感じませんでした。
土産物屋も1軒、連れていかれましたがお茶を
飲んできただけ。
大陸は先日の蘇州で通算5回目になりますが
留学生の子に引率してもらったり、身内(みたい
な)だけの小団体で行っているせいか、あまり
悪い印象はないんですよねぇ。幸運なだけ?

[ 2007/10/07 00:22 ] [ 編集 ]
kyon2さん
やっぱりそうですか。私も次回はツアーでゆっくり回りたいです。(ツアーでゆっくり、ってのも妙ですが(笑))
中国で外人が一人や二人でウロウロしているとカモにされやすいので、こちらとしては常にピリピリして気をつけていなければならないのですよ。。。
[ 2007/10/07 15:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。