上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大陸写真館 広東省 開平(瑞石楼) 

瑞石楼遠景

 以前金門の洋楼に関する記事を書いたときに触れた開平という地ですが、どうも今年の6月に世界遺産に登録されていたらしいです。

 世界遺産登録に向けて申請中とは聞いていましたが、まさかこんなに早く登録されるとは思いませんでした。

 個人的にここは大変な穴場スポットと思っていたので、今後世界中から観光客が押し寄せるだろうことに嬉しさと残念が入り混じった複雑な心境です。

 というわけで今回の大陸写真館は世界遺産登録を祝して開平を特集してみたいと思います。

開平地図

 (地図はGoogleマップさんからお借りしました)

 洋楼の成り立ちについては前回の金門の記事中で書きましたが、もう一度おさらいしておきましょう。

 洋楼を築いてきたのは1900年前後に活躍していた華僑と呼ばれる人たちです。

 華僑とは中国や台湾以外の国や地域に移住した中華民族のことで、主に広東省や福建省から世界中あちこちに出て行って財を成しました。彼らは海外で巨万の富を得て故郷に戻ってくると洋風の住まいを建築し始めます。これがつまり現在残っている洋楼というわけです。ちなみに大陸の中国語では[石周]楼と呼んでいます。

 開平も当時多くの華僑を輩出した地の一つで、開平の洋楼は多いときに3,000棟、現在でも1,833棟が保存されているとのことです。

開平洋楼

 私が行った当時の開平は全く観光客がおらず、市内から郊外の洋楼群まではバイクタクシーを交渉してのどかな田舎道を駆けずり回ったものです。

 で、そんな田舎道の両脇に時折このようなコンクリート剥き出しの監獄のような古い建物が出現するわけです。

 これらの洋楼群の中にあって恐らく一番荘厳な建物と言えば、こちらの瑞石楼

瑞石楼近景

 田園風景の中に突如現れる9階建ての大きな建物。1923年に建てられました。

 今は内部が開放されて入場料を取っているようですが、当時は完全に部外者立ち入り禁止でした。私は周囲で外観を撮影していると、たまたまこの瑞石楼のオーナー(つまり初代オーナーのお孫さんです)が香港の友人を連れて現れました。私は咄嗟にそのオーナーさんに直接お願いしたところ、一緒に中を拝見させてもらえることになりました。超ラッキー♪

 最上階で説明をするオーナー。

瑞石楼最上部

 オーナーさんのお話によれば、建築材料は全て輸入したものを香港を経由してここまで運んできたとのこと。そして驚くべきは当時香港で月給が7香港ドルだった時に、この楼の建築に要した費用は3万香港ドルということ。3万香港ドルと言えば、現在ではたかだか日本円で45万円程度です。しかし当時月給が7ドルということは、わかりやすく今の月給を7000ドルとすると、少なくとも45万円×1000!つまり単純計算でも今のお金で4億5千万円を下らない超豪邸ということになるのです!

 長くなりました。今回は3日連続の特集にします。続きは明日、明後日に。

 2003年12月撮影。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。