上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

澎湖回想 西嶼燈塔と軍事施設 

西嶼燈塔

 まず西嶼の最果てにある西嶼燈塔から紹介してしまいましょう。

 馬公市内から道路を伝って実に40kmの道のり。その道路の果てにあったのは、、、

軍事施設

 !

 何だか来てはいけない道を来てしまった感じ…。台湾陸軍のレーダー基地が行く手を遮っていました。もちろんこの先は通行不能です。灯台があるはずなのに、、、と、道を聞こうにも守衛の兵隊さんは口を聞いてもくれません。

西嶼燈塔標識

 実はこの基地門前右脇に車を停めて、そこから先は基地の外周に沿って未舗装の道を歩いて、基地の裏側に回ることになります。

西嶼燈塔入り口

 そしてようやく見えてくるのが西嶼燈塔。

 この軍事基地に圧倒されて、場所もわからず来た道を引き換えしてしまう旅行者も少なくないのだとか。これからいらっしゃる方はご注意ください。

西嶼燈塔と軍事施設

 灯台を写そうとしても、どうしても軍事施設が写ってしまう(一応ぼかしておこう…)。。。もちろんこれらの施設は撮影厳禁ですのでご注意ください。

 この灯台に程近い場所に西嶼餌砲というのがあります。

西嶼餌砲

 これは全てコンクリートで作られた大きな砲台に見せかけた偽物。見て明らかに偽物とわかりますが、これは第二次大戦中に日本軍が上空を飛ぶ敵機に対して砲弾を浪費させるためにつくったものです。綺麗な形で残っていますが、ところどころ砲弾を受けた跡があるそうなので一応効果はあったようです。

西嶼西臺

 西嶼西臺。19世紀末に中仏戦争が発生して後、この地が軍事要衝になると確信した清朝により作られた砲台跡。コンクリの下は全て地下通路で繋がっていて中は弾薬庫、宿舎などかなりの広さがあります。

西嶼の町並み

 このように少々物騒な感のある西嶼ですが、途中こんな風景も。(手前の中華式建築がなければ、地中海のどこかの港町みたいな感じがしませんか?)
と、灯台だ…。
何時の日かボクも行くことができるのでしょうか…。
それにしても空の色が良いですねぇ…。
[ 2007/05/20 16:33 ] [ 編集 ]
Aちゃんさんのサイトを見て、衝動的に去年の11月末に行きました。スクーターを半日借りて澎湖島を走りました。馬公市内から西嶼まで行き、灯台を探したのですがQing Zuiさんのご指摘の通り、警備兵がこちらに視線を向けたので、Uターンでした。オフシーズンで観光客も見えず、水族館も休業中、晴れたら一泊したかったのですが、残念ながら雨と強風がおさまらず日帰りでした。赤土の断崖から覗いた晴れ間の日差しの浜辺が印象に残ってます。書いてたら忘れていた風景が・・・



 
[ 2007/05/20 22:26 ] [ 編集 ]
福岡は最近光化学スモッグと黄砂で、よどんだ空です。毎日ブログ楽しみに見ながら、高雄以上に島の美しさに引き込まれています。
[ 2007/05/20 23:46 ] [ 編集 ]
西嶼燈塔のところの施設ですが、レーダー基地というよりも海軍の監視哨という感じでした。わたしたちが行ったのは5/5ですが水兵さんたちが道路の補修工事して(させられて?)いました。燈台と隣接するように設置された、退役駆逐艦から取り外して設置されたと思われる5吋単装砲が印象的でした。レーダーもその駆逐艦からの流用か?
西嶼餌砲、上空から看るとこんな感じだそうです。
http://www.antidrug.org.tw/mediawiki/images/c/c2/%E8%A5%BF%E5%B6%BC%E9%A4%8C%E7%A0%B2%E7%A9%BA%E7%85%A7%E5%9C%96.jpg
[ 2007/05/21 01:27 ] [ 編集 ]
トラバ、ありがとうございました~。
どういう訳か、文字化けしていました(笑)

私もトラバさせていただきます(^^ゞ
[ 2007/05/21 07:12 ] [ 編集 ]
Rangさん
例の本をご覧いただければわかると思いますが、ここ澎湖には灯台が一杯あります。その中でもこの西嶼灯台は割りと行きやすいほうです。他の灯台は、、、無人島に建っているようなものとか。。。さぁ!澎湖がRangさんを呼んでいる(笑)!

ヒトシさん
11月末だと気候的に厳しそうですね。澎湖は雨が降ると風も必然的に強くなり、見所が全くなくなってしまいます。灯台も然り。次回是非夏の澎湖へお出かけください。全く雰囲気違いますから!
[ 2007/05/21 11:16 ] [ 編集 ]
とんぼさん
澎湖に行く前はとにかく天気が心配だったんですが、前半曇っていた以外はすっきり晴れてくれて助かりました。高雄もスモッグがひどいので、私もこの澎湖の青い空には魅せられましたよ!

kyon2さん
砲台も思わず撮ってしまいました(^_^;)が、さすがにブログ上に載せるのはマズイので自粛しました。なるほど、あのちょっと不自然な形の砲台は、艦艇からの取り外しってことも考えられるのか、、、勉強になります。
上空撮影写真のリンクありがとうございます。私も自分でグーグルマップで確かめてみましたが、見事に「嘘っぽい」砲台に見えるもんですねー。
[ 2007/05/21 11:22 ] [ 編集 ]
讃岐おばさんさん
すみません。何で文字化けしたんでしょう。。。くにさんの所にも同時にトラバさせていただいたのですが、そちらは問題なくできていました。ご迷惑かもしれませんが、今日明日別の記事アップの際にまたトラバさせていただきますね。
[ 2007/05/21 11:24 ] [ 編集 ]
トラバ、ありがとうございました。
ええ、拙ブログ上では問題無く表示されています。

Qing Zuiさんがいらっしゃった日は、なんて青い空が
広がっていたんでしょう。
この青空に白い灯台はスカッとしますね。
[ 2007/05/21 17:04 ] [ 編集 ]
くにさん
新ブログに移ってからの初トラバです。こちらは無事に届いたようでよかったです。また折り返しのトラバもありがとうございました。
この日は快晴で、青い空、青い海、白い灯台、緑の草原と、まさに言う事なしでした。
[ 2007/05/22 12:24 ] [ 編集 ]
はじめまして。
先日澎湖に行った際に、こちらのブログを参考にさせていただきました。
おかげで、この端っこの灯台まで行き着くこともできました。
本当にありがとうございました♪

自分の方でブログを書く際、リンクを貼らせていただいてもいいですか?
[ 2009/10/12 23:44 ] [ 編集 ]
こちさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
参考になりましたか。それは良かったです。リンクももちろん大歓迎ですよ。
[ 2009/10/15 09:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://chinataiwan.blog102.fc2.com/tb.php/16-efca5562

大果葉柱状玄武岩。澎湖のほとんどの島々は玄武岩で形成された島であるとの事。以前この場所では、玄武岩を建材として使う為に切り出していたそうだ。が、今ではそうした事も行なわれていないらしい。目の前に広がる柱状の節理の光景は、なんとも迫力たっぷり。車窓から景色
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。