上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大陸写真館 広東省 汕頭(スワトウ) 

白花尖大廟近辺

 廃墟シリーズ。って最近廃墟ネタが多いな(^_^;)。でも今日紹介するのは正確に言うと廃墟ではありません。

スワトウ地図

 (地図はGoogleマップさんからお借りしました)

スワトウ3

 この生活感溢れる古い建物の写真は、スワトウの旧市街。

 スワトウは刺繍が名産ということ以外に見所はなく、私も元は広東省から福建省に抜けるための中継地点として投宿しただけでした。

 この旧市街一帯は特に旧跡や老舗などがあるわけでもなく、ガイドブックに載るような場所でもありません。

スワトウ1

 ところがどうしてどうして、ここら一帯の建物の古さはスゴイ!

 窓ガラスがなかったりするのは当たり前、ところどころフロアが陥没して崩れ落ちているのも。

スワトウ2

 それでも洗濯物が干してあったりと、生活の跡が見えますので今も変わらず人が住んでいるのでしょう。

スワトウ5

 これ、もしかしてお金がなくて修繕できないということなのかもしれません。スワトウは一応経済特区に指定されているので、他の都市と比べればまだマシな方だと思うのですが。(ま、とは言え、他の経済特区であるアモイ、深セン、珠海に比べればかなり立ち遅れているのは事実)

スワトウ4

 別に遺産として保護活動をしている等の話は聞いたことがないし、経済特区でもあるので、もしかしたらこここそ近い将来取り壊されて新しい街並みになってしまうかもしれません。

スワトウ6

 こういう建物がお好きな方はスワトウ、楽しめますよー。

 2003年12月撮影。
スワトウの旧市街ってこんな雰囲気なんですね。
建物は福建から南部沿岸沿いの建築スタイルで、なかなか味わいがあります~。

あー、こんなバイク、まだ走っているんだ~。
懐かしいです。

といってもスワトウには行ったことはありませんが、中国南部の生活が感じられる、いいお写真だと思います~。
[ 2007/10/19 16:52 ] [ 編集 ]
ももママさん
車やバイクが目につかない通りに入ると、あぁ100年前の香港ってこんな感じだったのかもしれないな、と妙な錯覚にとらわれましたよ。
[ 2007/10/19 20:05 ] [ 編集 ]
こんばんは☆
素敵ですね。
・・・って言ったら誤解を招くかもしれませんが、
こうゆう、「大陸」的な風景、なぜかダイスキです(^-^)
写真に撮るとまた、とても感慨深い、ノスタルジックな、素敵な風景です。
そこに生活しているひとたちの顔も撮りたくなります。
生活は豪華でなくても、なんだか、「生」を感じますね。
最後の写真、一番好きです☆
[ 2007/10/19 23:21 ] [ 編集 ]
いつもいいお写真撮られるなあと楽しみにブログを拝見しています。もう、日本にはないですよねー。こんな風景。温かみが感じられます。昭和にタイムスリップしたようです。中国大陸には足を踏み入れたことはないんですが・・・。また台湾に行きたくなっちゃいました。
[ 2007/10/20 01:42 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
すごい古い建物ですねぇ。
外観自体はモダンな感じがするので、
戦前の建物なんでしょうね。
取り壊される前に拝んでおきたいものです。
[ 2007/10/20 05:07 ] [ 編集 ]
Rieさん
いやいや、やっぱり部外者から見ると芸術的とすら思えるかもしれません。しかもこんな街並みがかなり広い範囲で残っているのです。1日じっくり歩いてもいいくらい。最後の写真は実は私もお気に入りです♪たまたま車が入らなかったので、タイムスリップ感が味わえます。

すーみんさん
コメントありがとうございます♪
この大陸写真館コーナーでは、日々バッシングを受けている中国大陸にもっと魅力を感じてもらおうと立ち上げた企画です。こうして大陸に少しでも興味をお持ちいただく方がいらしゃれば、私としても大変光栄に思います。今後もネタある限り週一ペースで続ける予定ですので、またお越しください。
[ 2007/10/20 13:47 ] [ 編集 ]
アールンさん
お久しぶりです。
他の地区の華僑建築と同じであると仮定すれば、1900~1920年頃の建物と推測できます。そう考えると、崩れ落ちているフロアも実は自然崩壊ではなくて、もしかしたら戦禍の爆風などによるものかもしれませんね。
[ 2007/10/20 13:51 ] [ 編集 ]
スワトウ、潮州へ行くついで二回ほど立ち寄りました。
もちろん宿泊ホテルは新市街。
市内観光ツアーに一人参加したことがあります。その時に高校生男子二人組もいっしょで、中国も豊かになったんだなぁと実感しました。確か砲台のような所を観光しまた。見られましたか?

古い建物は潮州でもどんどん改築されてますね。
二年あいて行ったら、開発されていてびっくりしました。
[ 2007/10/20 18:21 ] [ 編集 ]
マツモトさん
あー、私も潮州に行くつもりだったのですが、止むに止まれぬ事情で素通りしてしまったのです…。
スワトウでは対岸にあった白花尖大廟という巨大なお廟を見学してきました。お廟のある山は結構高く、対岸に見下ろすスワトウの街がなかなか素敵でしたよ。砲台は気づかなかったです。
[ 2007/10/21 16:29 ] [ 編集 ]
市内観光ツアーにそこも含まれていたような・・・記憶が蘇りました。
けっこう急な道だったので、私は途中で断念しました。
なんか迷路のような石のトンネルがあったり・・・
現地のツアーでいつも感心することがあります。
サンダル履きの女性がスイスイ登って行くのに、私はヒイヒイ・・・体力の差を感じてしまうのでした。

この後、潮州の山へ行き、安渓、アモイのコース。
茶産地訪問の旅でした。
[ 2007/10/21 17:41 ] [ 編集 ]
台湾でも、まだこうゆう風景に出くわすことがありますよね(^-<)
この前の台湾では念願の龍山寺に行って、ひとりでその裏手の
Deepな町を探索してました☆
楽しかった~。
青草茶も飲みましたよ(^-<)
[ 2007/10/21 23:11 ] [ 編集 ]
こーゆ~とこ、大大大スキですっ!ベトナムっぽい街並みだと思いました。スワトウ、久し振りに行ってみたい街に出会いました!ありがとー!
[ 2007/10/22 12:22 ] [ 編集 ]
マツモトさん
私もそのお話を聞いて記憶が蘇りました(笑)。確かに石だらけのようなところがありました!スワトウは旧市街の印象が強烈過ぎて、他のことは実はあんまり覚えていないんです(^^ゞ。安渓も一度だけ行ったことがあります。お茶の吟味もしたかったのですが、仕事だったのでお茶とは関係のない農地の視察だけ…。

Rieさん
灰色というか茶色というか、たそがれている街角は台湾でもたまに見かけますね。龍山寺は一度(いや、二度かな)しか行ったことなくて、実はあの辺に何があるのかよくわからなかったりします。と言うより、台北の地図を広げられて、龍山寺を指せと言われてもわからなそう…(^_^;)。
[ 2007/10/22 17:31 ] [ 編集 ]
ブタ子さん
おっと、お気に召されましたか。それは良かった♪
こういう街並みがお好きでしたら、候補に挙げられていたアモイのコロンス島もきっと気に入るはず!いつか行ってみて下さい。
[ 2007/10/22 17:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。