上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

横浜大桟橋の思い出 

横浜大桟橋

 12年前、当時大学3年だった私は桜木町の駅からバックパックをかついで大桟橋へ向かっていました。

 翌年には廃止になると聞いていた横浜上海航路にどうしても乗ってみたかったのです。

 飛行機に乗れば東京から上海までわずか3時間の道のり。フェリーは何と3泊4日

鑑真号見送り

 値段は片道3万円ほどでした。飛行機より安かったのも魅力の一つでしたが、船内の食事が飛行機の機内食と違って自腹(当たり前ですが…)。で、船内の食堂が結構高いんだな、これが。結局トータルで考えると飛行機よりも高かったと思います。片道運賃だし。しょうがないので自販機でカップラーメンを買って、それでしのいだ思い出が…。

 別に豪華客船というわけでもないので、カラオケやマージャンルーム程度はありましたが、それ以外には何もなし。本を読もうとすると目が回るし、1日のほとんどは甲板に出てどこまでも続く水平線を眺めて過ごしました。時折イルカが並泳したりして、そこそこ楽しめました。夜は満点の星空で、天の川までくっきりと見えましたし。

 今思えば貧乏っぽく見えて実は贅沢な旅でしたね。船の中で3泊もして連日海を眺めて過ごすというのは、普通の社会人じゃできないわけだし。

 そんな横浜航路も今や廃止になってしまいました。体験しようと思えば大阪、神戸、下関から上海行きのフェリーはあるので、乗ろうと思えば不可能ではありませんが、大阪からで2泊3日と当たり前ですが所要日数は短縮してしまいました。

 大桟橋へはそれ以来12年ぶりに来てみました。今回は夜景を見に。素晴らしい夜景の写真は明日。

 下の写真は船の上から見た見送りの人たち。1995年7月撮影。
おぉ懐かしい!横浜からのが鑑真号でしたっけ?それとも燕京号?学生時代の上海への渡航はいつも横浜又は神戸からこれらのフェリーで行っていました。最初の渡航(89年頃)で上海の埠頭に着いた時の第一印象が、「生きては帰れないだろうなぁ」でした(笑)。
[ 2007/10/20 15:18 ] [ 編集 ]
昔、船で上海行きました。
3泊4日、大阪から出発で瀬戸内海を抜けていく航路だったと記憶してます。
外洋に出た途端低気圧で海が荒れていて船酔いでダウンしました。
普段釣り船で鍛えてあったのでもう船酔いしないと思っていたのに揺れ方が違うと船酔いするものだと始めて知りました。
真っ青な日本海が大陸に近づくと海が土色だったのにショックを受けた若き日です。
[ 2007/10/20 23:44 ] [ 編集 ]
TKさん
横浜からは鑑真号です。確か私の乗った頃には船を新しく建造したのか、新鑑真号という名称に変わっています。89年とは大分古いですね。上海も港町だから、飛行機でびゅーんと到着するよりも、船でゆっくり「入港」する方が感慨深いんですよね。大陸に来たーって感じがしました。

ziziさん
ziziさんも利用者だったとは!この思いを共有できる人が2人もいらっしゃるなんて嬉しいです♪
私も水の色が変わる瞬間を見ようと(比重の関係で分離していると噂で聞いていたので)していたのですが、どうやら3泊目の夜中に通過してしまったらしく、辺りが白み始めて海の色がわかった時にはもう既に茶色でした。せっかく太陽が昇る前から起きて海を見ていたのに…。
[ 2007/10/21 16:36 ] [ 編集 ]
私は神戸から出航。二泊三日の48時間。鑑真号二回利用。
初めての船旅が鑑真号の二等船室でした。
わくわくとした高揚感が、上海へ近づくにつれ湧き上がってきました。夜の星空、満天の星を初めて見て感激。
でも途中の玄界灘の揺れで、船酔いも初体験。

たしかに船内の食事が内容に比べ(まずかった)値段高かったですね。私も自販機のカップヌードルにはお世話になりました。
帰りがオーバーブッキングでJALのファーストクラス、そのギャップが大きかった(笑)スピードと待遇が・・

天津から燕京号にも乗船したことがあります。
こちらは船体が少し小さめでした。
あんな船旅は若い時にしかできません。一元が50~60円の時代で、日本円は使いでがありました。結婚したら一人旅は出来ないと思っていたけど、そうでもなかった。なぜか結婚後の方が良く行ってます。今はもっぱら飛行機でひとっ飛びのラクチン軟弱旅ばかり。
[ 2007/10/21 18:22 ] [ 編集 ]
マツモトさん
こういう泊り込みのクルーズって、やっぱり星空を見るのは一大イベントですよねー。裏を返せば、日ごろ住んでいる所はどんだけ空気が濁っているんだと(^_^;)。飛行機は格安チケットが当たり前になってきて、しかも随分と安いですからねー。なかなか船旅は選択しづらいところです。私はいつか沖縄からの基隆、高雄航路に乗ってみたいと思っているのですが、なかなか機会がありません。。。
[ 2007/10/22 17:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。