上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大陸写真館 山西省 平遥 

平遥

 中国で最も完全な城壁が残っていると言われる町です。

 平遥古城として世界遺産にも登録されています。

平遥地図

 (地図はGoogleマップさんからお借りしました)

 中国の場合は城と言っても日本のように天守閣が残っているのとは異なり、万里の長城でもお馴染みのように侵入者を防ぐための城壁のことを指します。

 城壁を残している町は中国には数多くあります。メジャーなところでは西安や南京といったいわゆる古都と呼ばれる町には大抵残っているものです。ただしその多くは風化によって自然崩壊していたり、戦争によって破壊されたり、都市計画によって取り壊されたりしています。

 一方平遥の城壁が完全と言うのは、つまり城壁が町を四角く取り囲んでいる状態が今もって保たれているということです。また平遥の素晴らしいところは城壁のみならず、城内、すなわち城壁の内側の街並みもよく保存されていること。

平遥古城

 (右側は城内、左側は城外。城外は当時造成が進んでいました。)

 城内は古い民家や商家ばかりで、高いビルなど一切建っていません。街は今から700年ほど前に作られていますが、私達が一歩城内に入ると今でもその時にタイプスリップしたような錯覚を覚えます。

平遥中国工商銀行

 (銀行もご覧のとおり。)

 古い中国のテーマパークみたいだ、とも言えるかもしれませんが、テーマパークなんてそんなに安っぽいものではありません。ここは街全体が悠久の歴史を刻み続ける紛れもない遺産。

平遥城内の朝

 (城内の朝の風景。)

 省都の太原から日帰りも可能ですが、城内には当時の民家を改築した風情たっぷりの客桟と呼ばれる宿が多数あるので、当時の生活を思いながら普段とは違う眠りに就いてみてはいかがでしょう。

 2003年10月撮影。
あぁ。
行きたい☆
行きたい(>-<)☆
行きたい~(>0<)
行きたい。(:-;)
[ 2007/11/10 22:04 ] [ 編集 ]
Rieさん
ここも内陸でちょっと行くには不便ですけど、訪れる価値のある街ですよ。是非是非。
[ 2007/11/10 23:13 ] [ 編集 ]
蘇州には2500年前の建城時の城門が残っていますが、四方の城壁が残されてるってのはすごいですね。でも平遥にはお堀はないのかな?
古い住居が残っているのは、訪れる人には風情があっていいんですが、そこに住んでいる若い人にはやはり複雑な思いがあるようです。相応の経済力があるかないかは別にして、城外に一歩出ればインフラの整った今ドキの快適なマンションがあることが分かってる訳ですから。
[ 2007/11/11 08:21 ] [ 編集 ]
麺線と土産のコメントは私でした。名前のところに題名を入れてしまいました。

ところで、平遥。
最後の写真が好きです。タイムスリップしたような感覚に襲われますね。
「喬家大院」の当主もそうですが、多彩な品目を扱っていたという山西商人に興味があります。その貿易範囲は大きくて、茶葉もその一つでした。
それに興味を持って山西省へまいりました。
実際、豪邸を見学すると当時の繁栄が理解出来ました。
旅のテーマの一つがお茶なのです。まだまだ行ってみたい所があります。
[ 2007/11/11 10:29 ] [ 編集 ]
Zhi-Hongさん
2500年前ですか( ̄□ ̄;)!! やっぱり中国の歴史ってすごいやと改めて実感します。
平遥の城壁の周りは綺麗に整地され始めていたので、もしかしたら昔はあったけど今はないのかもしれません。さてどうでしょう?あ、でも写真とは別のコーナーにはあったような気もするなぁ。

マツモトさん
最後の写真は何をどう間違ったか、うまくソフトフォーカスになってました。(ただのピンボケ写真だという話も…(^_^;))
見所をセットで回れる共通チケットを買って、いくつか商家を回ったのですが、貨幣制度みたいなのに興味をもった覚えがあります。もうすっかり忘れてしまいました。(だめだなぁ。。。)
お茶をテーマに山西省とは、なかなか素人には思いつかない行き先ですね。
[ 2007/11/11 14:21 ] [ 編集 ]
なかなか素敵な町並みですね。
平遥は山西のどのへんにありますか?
内陸だけに人々の服装も昔とそんなに違わないような・・・
何故か山西というと炭坑のイメージがあったので、こういうところは気がつきませんでした。
[ 2007/11/12 00:30 ] [ 編集 ]
ももママさん
平遥は山西の省都太原から南へ100kmです。太原へ行く用事があれば是非とも足を延ばしていただきたいところです。この辺はとにかくホコリがひどいので、みんな暗色系の服を着ていますね。今でもやっぱりそうなのかな。
[ 2007/11/12 18:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。