上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

写真の整理 

アルバム

 銀塩の頃はこまめにアルバムに写真を整理していたものです。

 それがデジカメに移行したおよそ10年前から、撮った写真はそのままパソコンの中。一度7年前に中国でパソコン自体を盗まれてデータを失うという憂き目に遭ったことがありますが、それ以後は幸いデータが吹っ飛ぶような悪夢に見舞われたことはありません。

 銀塩の頃はフィルム500円、現像500円、写真700円、とフィルム1本撮るだけで2,000円弱もかかっていたから、それだけ大事に整理整頓していたのだと思います。

 デジカメはコストがかからない分、写真の枚数がどうしても膨れあがりがちなので、もちろん全部プリントするわけにはいかず、いちいち選ぶのも面倒だったので、この10年間写真としてプリントしたことは一度もなし

 とは言え、他の方が撮った自分の写っているデジカメ写真をもらうということはこれまでによくあったので、そういう写真がこの10年間むき出しで溜まっていたのです。

 で、ちょっと時間ができたので久しぶりにアルバムを買ってきてそれらを整理収納していたら、自分の撮ったデジカメ画像も写真に焼いてみるかなーと思うようになりました。

 とは思っても画像データは膨大にあるので、ならばいっそのこと厳選に厳選を重ねて、素晴らしく綺麗に撮れた写真のみを大きなサイズでプリントしてみようということに。

 結果、この7年間に撮りためた画像の中から70枚強を選び出し、全て2Lサイズで焼くという妥協点に落ち着きました。

 写真が映える黒台紙のポケットアルバムと合わせて出費は総額7,000円ほど。想像以上に素晴らしいマイ写真集ができあがったのです。自分で言うのも何ですが、やはり選び抜いた写真を一堂に集めるとスゴイことになります!

 今回選んだ中で一番古い1,280×960ピクセルという写真は2Lまで伸ばすとちょっと色がにじんだような感じになってしまいましたが、それ以降の1,600×1,200ピクセル以上で撮った物は全く問題のないシャープな写り。

 今度は更に厳選したものだけA4まで引き伸ばしてファイリングしようかなと新たな野望が(^_^;)。。。
ボクも台灣に通うようになってデジカメに本格移行したんですが、PCのモニターで見るか、Blogにアップするだけでした。それこそとんでもない枚数のデータが保存されているだけ。でも、銀塩に復帰するようになって、サブで持っているコンデジのデータをプリントしてみて、『良いかも…』と感じ、最近はお気に入りのデータはプリントするようにしています。ただ、過去にさかのぼってプリントするまでは思い至らなかったなぁ~。うーん、ボクも真似したくなってきました(^_^;)。あと、黒バックのアルバム、良い感じですね!差し支えなければ、一度Qing Zuiさん的旅の写真集、拝見したいものです。左の赤と白は芬蘭かしら…?
[ 2007/11/13 20:36 ] [ 編集 ]
私も大学のときから、アルバムは黒い台紙の同じシリーズのアルバムに整理してました。
でも、デジカメにしてからは、私も滅多に現像しなくなりましたね。
写真も、メモ的な物が多くなった気がします。

でも、こうやってオリジナルのアルバムを作るのも素敵ですね~~~。
私も来年末くらいに一冊オリジナルのアルバム作れるように意識して写真撮るようにしようかなぁ、と思いました。
[ 2007/11/13 23:59 ] [ 編集 ]
奥がふかいですね。
最近娘はTC-1で撮っています。
同じ風景を撮っても深みがあるというか、全然違います。
古いアルバムは10冊くらいあり、写真で残すのもいいですね♪
[ 2007/11/14 07:05 ] [ 編集 ]
Rangさん
PCの画面の方が大きいはずなのに、それより小さく紙焼きした写真を眺めて「はっ」とすることが結構多かった、というのが今回の発見でした。
(デジカメプリントってバカにしていた節も少々あったのですが、色が驚くほど鮮やかでシャープに写るのだなぁというのもその一つ)
だからこそ眠っている過去のデータを紙焼きするというのは有意義だと思います。
写真集は気が向いたら広島へ?!白は芬蘭ですが、赤は台場の夕焼けです♪

Naoさん
黒台紙、いいですね!今回初めてそのよさを実感しました。
ブログもやっていると尚更メモ的な写真がどんどん増えていくのですが、そんな中にもやっぱりキラリと光る写真を撮っているものですよ。それだけ抜き出してみてください。
厳選して枚数を少なくする分、お値段張りますがプリントサイズを大きくすれば素晴らしい写真集ができあがるはずです♪
[ 2007/11/14 10:40 ] [ 編集 ]
讃岐おばさんさん
カメラも写真も人それぞれの楽しみ方があるのがいいですよね。今回普段はやらない2Lサイズでの紙焼きでしたが、写真のサイズが違うだけでも、また新たな楽しみ方が増えるものだなと発見しました。
[ 2007/11/14 10:45 ] [ 編集 ]
あぁ、私も熱く語ってしまいそう(^。^;)今朝、ちょうどポジ美ちゃんと写真の話をしていたんです、なんと言う偶然!黒い台紙、私もスキです。ちょっと高いので買いませんが...。時々ポイント交換で2L(フィルム)焼きますが、やっぱ、大きいと違いますよネ!デジ反対派の友達から、写真が雑になる(フィルムの方が渾身の1枚が撮れる)し、絶対プリントしなくなるし腕が落ちるって言われ、私はそんな事はない!って言い切っていましたが、いやはや、実際言われた通りになってます(@_@)フィルムとデジ、一長一短を上手に使っていきたいです。
[ 2007/11/14 11:38 ] [ 編集 ]
ブタ子さん
2Lサイズはそこそこ大きいし、かと言って驚くほど値段が高いわけでもないし、結構オススメですね。
デジタルの最大の長所は何と言っても「初心者に優しい」ことだと思います。モニター見ながら構図を考えることができるし、撮ったその場で写り具合を確認できるし、ランニングコストが電気代だけだし、、、そう考えると例えば私は逆にそれを生かして練習することで腕は上達してきていると思います。
以前銀塩で一眼使っていた頃は、どういう風に写っているのかわからなかったし、現像してみてがっかりしたり、思い通りに撮れない割にはお金ばっかりかかるし、、、で、結局あまりカメラには触れなかったような気がします。
[ 2007/11/14 14:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。