上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金門回想 開放された坑道跡 

地雷原

 金門島ではお察しの通り右を向いても左を向いても軍事施設ばかりです。

軍人

 観光客に開放されているもの、開放されていないもの、写真撮影禁止のもの、立ち入り禁止区域、地雷原などなど。一杯ありすぎて不用意にカメラを向けるのが躊躇されてしまうほどです。

ニセ砲台

 観光客に開放されている中でも特に大型の施設として坑道跡があります。

坑道

 金門では敵の砲撃を避けるために島のあちこちに大小様々の地下通路が掘ってあるそうです。人も物も全て地下に隠して、地下で生活ができてしまうように地下化が進められました

 今現在観光できる大きな地下坑道は3つ。小金門にある四維坑道(九宮坑道)、大金門にある翟山坑道、そして瓊林坑道

 まず四維坑道から紹介しましょう。

四維坑道

 金門島から小型フェリーで15分ほど、通称小金門と呼ばれる烈嶼の九宮船着場左手歩いてすぐのところに四維坑道があります。

 堅固な花崗岩をくり抜いたこの坑道は、物資輸送船を安全に停泊させるために建造されました。

掘削作業

 中国共産党軍に悟られないように慎重に手作業で掘られた坑道に入ると、驚きで開いた口がふさがりません。さすがに船を停められるだけあって全長790m、高さ11.5mもあります。もうこれは立派な海軍の秘密基地ですよ。

[羽隹]山坑道

 翟山坑道も四維坑道と同じ目的で建造されました。こちらは四維坑道よりも小さいものの、四維坑道よりも自由に歩ける範囲が大きく、その大きさをより実感することができます。

[羽隹]山坑道倒影

 軍事施設を前に妙な感想ですが美しいの一言。長方形に掘られた坑道の壁面は波一つない水面に綺麗にその影を映します。ここは金門の中心金城市からも割りと近いので必ず行っておきたいポイントです。

瓊林坑道

 最後に瓊林坑道。こちらは先の2つと性格が異なり、金門島の中心に位置する瓊林という村の地下一帯に張り巡らせた戦略的防空壕です。

瓊林坑道入口

 村役場の地下にある作戦司令室から各戸、周囲の主要道路、主要トーチカ等まで人1人が通れる狭い通路でアリの巣状に地下で繋がっています。井戸や電話なども備えられており、まさに長期戦に耐えうる地下化政策の典型的な一例です。ここは入場料を取られますが一見の価値ありです。
アイルランドから帰国したばかりで、まだ睡眠時間がめちゃくちゃです(時差ボケに滅法弱い)。そちらも島(アイルランドも島)旅にいろいろ行ってらしたんですね。良い旅だったけど、欧州へ行くたびにアジアめしのレベルの高さを痛感します。ある程度の高級店以外は味も種類もそれなりでしかない欧州料理に比べて、安くても出来立てでおいしいものいっぱいのアジアめし、やっぱり偉大!帰国したばかりなのに、何かお口直し?に香港あたりに行きたいな~って感じの私です。
[ 2007/05/25 17:21 ] [ 編集 ]
島巡りシリーズ、楽しく読ませてもらっています。
次回、台湾に行く時はどこかの島に行きたいと思っていたのですが、金門島はなんとなく省いてしまってました!
でも、すごく行きたくなりました~。

私は台湾の離島はビギナーなのでまずは澎湖にフェリーで行こうかと思ってましたが、金門島はやっぱり飛行機ですよね・・(飛行機が苦手なんですよね・・^^;)
ところで、宿泊先は現地調達ですか?私はネットで色々探してますが、上手くみつけられません。現地の旅行会社とかで手配されたのでしょうか?
また、もし良かったら教えて下さい。
[ 2007/05/25 21:01 ] [ 編集 ]
茶々さん
なるほど!アイルランドだったんですか!そりゃ遠い!
今の時期あちらは過ごしやすいのでしょうか?私はロンドンにしか行ったことありません。それももう10年前。
アジアめしのありがたさ、わかります!お米や醤油ベースの味付けが恋しくなりますよね。
[ 2007/05/26 10:15 ] [ 編集 ]
はるさん
金門へは高雄からフェリーがあります(金門快輪)が、片道所要およそ10時間と旅行者には不便かと思います。
宿泊先については今回私はネット上の旅行会社で予約してから行きました。
http://www.eztravel.com.tw/
(会員登録しないとなりませんが、日本人でもカード決裁が可能です。中国語が読めないと使いにくいですが、、、)
私が今回利用したのは航空券と宿泊がセットになった企画商品です。
現地手配でも可能かと思いますが、金門はそもそも観光地としてあまり発達していないので、泊まれる場所は少ないと思います。ですので事前に予約していった方が確実ですよ。
オススメは民宿です。
http://guesthouse.kmnp.gov.tw/hotel/hotel_view_all.asp
水頭でしたら、金門イチの繁華街である金城市へも近いのでオススメかな。ただそれでもバイクで15分ほどの距離があります。
金門で個人旅行の問題は移動手段でしょうか。もしバイクを借りないのであれば、あとはタクシーのチャーターになってしまいます。(バスもありますが1時間に1本程度と不便です)
もし交通手段の不便を嫌うのでしたら、上に掲げた民宿ではなく、金城市内に宿を取られた方がいいでしょう。
[ 2007/05/26 10:20 ] [ 編集 ]
[ 2007/05/26 19:36 ] [ 編集 ]
讃岐おばさんさん
あ、そちらからもトラバできないんですか。。。いろいろ問題があるようで申し訳ありません。
[ 2007/05/26 23:18 ] [ 編集 ]
色々教えてもらってありがとうございます。
翻訳サイトと漢字の拾い読みでやってみます!
やっぱり船の10時間はキツいですね・・(^^;


[ 2007/05/27 15:10 ] [ 編集 ]
はるさん
金門はまだまだ日本人には情報が少ないところですが、中国語読みながら頑張ってください。当ブログでもまだ金門ネタは続きますので、しばらくチェックをしておいてくださいね。
[ 2007/05/28 10:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。