上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

広島回想 宮島 我こそは神の使者 

宮島

 宮島では多くの鹿が放されており、その数実に600頭とも。

 一応厳島神社との関係では神の使いとされているので、お鹿さまに危害を加えることは禁物。地元の人も大事にしているんです。

 と思っていたら。。。

 今回広島オフにご参加いただいたRangさんからお土産をいただいており、この日はRangさんから頂戴した紙袋ごと手にぶら下げて宮島観光に行っていたのです。

 やられました。。。背後からガブッと(笑)。鹿が紙を食べるとはこの時初めて知った私。私が驚いていると清掃のおじさんがその鹿に向かって「お前はこのー、また悪さばかりしょってー!」と、お鹿さまの頭を手のひらでポーン!と叩いていました。あぁ痛々しいお鹿さま(ノ_・、)…。

 そんなことがあったので、私も紙袋を目立たないように持って歩いていたのですが、どうも道行くお鹿さまは私の方をじっと見ている。いや、私の紙袋を!

鹿

 と、前から2頭のお鹿さまが恐る恐る私の紙袋に近づいてきたのです。私は咄嗟に紙袋を背後に回して、お鹿さまから後ずさり,,,,,(・_・)ノ。

 その時です。周囲から「志村、うしろ、うしろー(笑)」にも似た観光客のどよめきが。ビリビリーとやられました。何というチームワーク。背後に迫っていた別のお鹿さまに、袋が袋として用をなさないほどにズタズタに持っていかれました。その時のうまそうにモシャモシャやっているお鹿さまの得意気な顔σ( ̄~ ̄)、いまだに忘れることができません。

 Rangさん、あの紙袋、相当なご利益ものですよ(^_^;)。
この記事を読んで、
小学校の修学旅行で行った春日大社で買った鹿せんべい。
あの時人間は食べちゃいけない、って言われたのを思い出して、
「もしかして紙だったのかなぁ」と思って、
調べたんですけど・・・

違いましたね。

それにしても、清掃のおじさんに叱られる鹿。ちょっと可愛いですね。
[ 2007/12/09 12:03 ] [ 編集 ]
あはは、災難でしたね。
小学生の遠足で宮島に行くと弁当を狙われるので、皆が逃げまどってたのを思い出しちゃいました。
狙うのは紙だけじゃないと思いますよ~。
[ 2007/12/09 14:04 ] [ 編集 ]
ははは、えらい災難でしたね!ってか、中身には興味無しなんですかね?お鹿様!!確か中にはナイロン袋が入っていたと思うんですが、中身は無事でしたか?ふふふ、今度宮島に行く機会が有れば、あそこの紙袋持って行って人気のほどを確かめて見ま~す☆彡
[ 2007/12/09 17:53 ] [ 編集 ]
Naoさん
あ、そう言えば私も中学の卒業旅行では「鹿せんべいは人間は食べちゃダメ」みたいなことを言われた記憶があります!それでも実際に少し齧ってしまうお茶目な人は、必ずクラスに何人かいるものですが(^_^;)。美味しくはないらしいですね。

Zhi-Hongさん
今回外でお弁当を食べるには少々寒かったので、鹿も他に狙うものがないようでした(?)。
ゴミ箱に顔を突っ込んでゴミを漁っている鹿もいたりして、神聖さよりもどちらかと言えば俗な印象を受けました。
[ 2007/12/09 19:27 ] [ 編集 ]
Rangさん
お鹿さまの口が中身に到達する前に、私が驚いて袋を引き戻しましたので(笑)。白い袋だったから余計に目立っていたのかもしれません。黒い袋やボール紙の色した袋を持っている人もいましたが、全く見向きもしていなかったように思います。
[ 2007/12/09 19:31 ] [ 編集 ]
鹿って、紙食べるんですか?
ほんとに飲み込んでしまうの?
私は奈良の鹿たちに襲われました。
鹿せんべいを買ってしまった瞬間からさっきまでおとなしかった鹿たちが豹変しました(>-<)
服を引っ張られて破られそうになりましたよ~(>0<)
鹿せんべい・・・
買うもんじゃないです(>~<)
[ 2007/12/09 22:48 ] [ 編集 ]
宮島の鹿も、平和公園の鳩も、人馴れしすぎていて結構怖いですよね。最近は知りませんけど、平和公園の鳩も、エサをやったりすると、頭や、腕や、肩なんかにめちゃくちゃとまられたりしました。
シカも食べ物なんか持ってると速攻でやられますv-34
[ 2007/12/10 00:33 ] [ 編集 ]
鹿って紙もたべるんですね!
初めて知りました^^;
今年の夏初めてなら公園へ行ったのですが
その時の鹿のせんべい目線が怖いの何の!w

紙袋やられて災難でしたが、こんなにうまく挟み撃ちを仕掛ける鹿も
ちょっと憎めないような・・・苦笑
[ 2007/12/10 12:27 ] [ 編集 ]
Rieさん
ええ、美味しいのかどうかはわかりませんが、モシャモシャやって最後はしっかり飲み込んでいましたよ。その清掃のおじさんに聞いたら、紙も食べるって仰ってました。

twnさん
学習能力は高いようですね。野生とは言え、半分餌付けされているかのような印象を受けます。ハトもそうなんですか。小さいけれど集団で飛んできたら怖そうです。。。
[ 2007/12/10 13:41 ] [ 編集 ]
reachiaさん
やっぱり動物ですから、体の小さな相手だと遠慮なく近づいてくるような気がしますね。だから女性や子供は要注意。まぁ子供目線で見たら、鹿なんて大きな動物は逆に怖いですが…。
[ 2007/12/10 13:43 ] [ 編集 ]
私も子供の頃、奈良公園の鹿に後ろから背中をキックされたことがあり、恐怖の思い出です。
ですが恐怖症にはならず、やっぱりカワイイと思っちゃいます。
餌を持ってるのに焦らしたりすると鹿はイライラするみたいです。
[ 2007/12/11 21:20 ] [ 編集 ]
anmimiさん
背中からキック!ですか(^_^;)。。。ああいう動物のキックって結構威力あるんですよね。大丈夫でしたか?
私の場合は餌ではなく、紙袋でしたからねー。鹿からは焦らしているように見えたのかな(笑)??
[ 2007/12/12 13:20 ] [ 編集 ]
紙なんて鹿に与えないで下さい。山に食べれる植物が少ないうえに観光客からエサの貰えなくなった宮島の鹿は飢えてるんですよ。http://miyajimanosinjitu.web.fc2.com/index.html
[ 2008/09/06 22:49 ] [ 編集 ]
名無しさん
仰る通り紙なんて鹿に与えるのは良くないです。私も意図してあげたわけではないので、どうかその辺は誤解なさらないでいただきたく。お貼りいただいたリンクはアクセスできませんでした。もしよろしかったらアドレスをお確かめいただき、もう一度ご教示ください。
[ 2008/09/07 11:34 ] [ 編集 ]
飢え死にを強いられる宮島の鹿たち

鹿問題は2000年に鹿が増えすぎ、店や民家にはいり、邪魔したり、
糞に悩まされたりした島の人たちからの要望で山に帰そう、餌は一切やらないようにと決まったそうです。

元々は鹿を神の使いとして宮島のシンボルのようにしていたものの、戦後まもなくは食料とされ激減したので、
奈良から牡鹿をつれてきて増やしたのです。
また山から餌づけしてわざわざ飼育化して増やしました。
それなのに今増え過ぎた、自然にかえせ、餌はやるなと言われても、山に帰しても餌である草は全然足りません。

要望書は五月末に協議会で結論がでるまでに廿日市の市役所に出します。

鹿の去勢避妊して増やさない
餌づけして鹿の管理をしていく

そのことを話すと市や島の一部の人は財政赤字の中でそんな費用があれば施設を管理することに使うと、
とにかくお金のかからない方向に主張されます。

島では去年秋から鹿せんべいの販売もやめ観光客にも餌を与えない看板がかかげられてます。

しかし島の何人かは可哀そうに、と隠れて餌をやられたり、何人かは堂々とやられてます。
鹿はどの仔も毛づやが悪く痩せて元気がありません。
餌をやると争うように食べます。
子鹿や弱い鹿は強い鹿に圧倒され食べられないことがよくあります。
浜辺に死んだ鹿もいました。

島の人に話すと日常茶判事だからほっといてくれと言われました。

http://miyajimanosinjitu.web.fc2.com/page002.html
[ 2009/10/20 00:49 ] [ 編集 ]
名無しさん
今回のアドレスもリンク切れのようです。もしかしたら中国からのアクセス制限かもしれませんが。。。
[ 2009/10/24 10:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。