上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

広島回想 宮島 厳島神社の2つの顔 

大鳥居

 厳島神社は遠浅の小さな湾全体を敷地としているので、潮の満ち干がわかりやすく表れます。

 そんな場所に敢えて社殿を建てているところに厳島神社の大きな特徴があると言えるでしょう。干潮でどのように見えるか、満潮でどのように見えるかが予め計算されているのです。ある時は陸上神社、ある時は海上神社

 今回広島オフに選んだ日は干満の差こそ激しくないにせよ、朝と午後でちょうど干満両方の醍醐味が味わえるような大変いい条件の日でした。

 その両方の写真はご覧の通り。潮が退いている時は大鳥居の下まで歩いていけますが、潮が満ちている時はとても無理です。(この日でも2mの違いがありました)

 去年は夜景も見に行って思いましたが、本当に宮島というところは一年いつ何時訪れてもそれぞれ違った美を楽しめる素晴らしいところです。
こういうのを見ると昔の人って今みたいな科学力がないながら
もいろいろとすごいことやってたんだなぁって思います。

でも...なぜか金田一を連想してしまいました...
[ 2007/12/11 09:10 ] [ 編集 ]
N野さん
コメントありがとうございます。今回時を同じくして訪れた錦帯橋のカーブも、当時としてはすごい技術だったようです。単なる半円周ではなく、力学的によく考えられてバランスを保つものらしいです。現代の人よりも感性に秀でて、頭の回転も早かったのかもしれませんね。
[ 2007/12/11 13:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。