上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

婚紗選片は要注意 

婚紗店

 撮影が終わったら次は写真選び。

 私の基本契約は5種類の衣装に対して、30枚の写真。つまり1つの衣装に対して6枚ほどしか選べない計算です。充分じゃ?とお思いでしょう。私も最初はそう思っていました。。。

 まず最初にカメラマンがこの5種類の衣装に対して、背景を変え、ポーズを変え、1人で撮ったり2人で撮ったり、撮影した全写真の枚数は200枚超。

 さすがはプロのカメラマン。モデルが悪くても、言うことを聞かないモデルでも、写真はやはりどれも綺麗に撮れています。そんな中からおよそ1/7の確率で写真を選んでいくのは相当大変な作業です。

 30枚の基本契約で、きっちり30枚を選ぶ人はあまりいません。枚数が増えればそれだけアルバムのレイアウトが多彩になり、またアルバムのページ数も増え、見栄えが随分変わってきます。一生に一度のことだから、せっかくだし、と色々な思いが錯綜して、大体基本契約枚数をオーバーするのが常です。

 問題は追加写真1枚あたり1,000~1,500元ほどの課金があることです。日本円換算して1枚あたり3,500~5,000円ですよ。10枚追加しただけで5万円弱が吹っ飛ぶ計算です。

 お店側としては(と言うよりカメラマン個人としては)、この追加分を当てにしているわけですから、そりゃーもう写真1枚1枚にかける気迫も違っていたわけだし、写真の出来も見事だし、そしていかに多く追加してもらうためのセールストークに鬼気迫るものがあるわけです。

 この写真選びがまた大変な心理戦でした。

 方法はいらない写真を1枚ずつ消去していく方式。これじゃ、いつまでたっても写真は減りません。私は逆にいい写真を選んでくる方式を強く希望しましたが、パソコンソフトのシステム上、それはできないとの返事。

 写真選びなんてものの1時間で終わるだろうと考えていた私の予想はあっさりと裏切られ、だらだらと写真を消していくものだから2時間、3時間と時間が過ぎていきます。。。

 そもそも婚紗のメインは女性ですので、多くの女性は自分が綺麗に写っている写真を目の前に一杯見せられて、あれもこれもと残したくなる気持ちもわかります。女性は一生に一度という文句に弱いものです。一方男性は数時間を経過して段々面倒くさくなってくるわけです。最後には、じゃもういいよ、追加料金も払ってやらぁと(笑)。

 最終的にはあからさまなカメラマンのセールストークに、普段温厚な私もさすがにぶち切れて、残すかどうか迷う写真はいらん!と、次々に写真を消去させていきました。これに驚いたカメラマンが慌てて出してきた割引価格に対して、私も更にオプションを付けさせて、妥協案を導き出しました。

 一生に一度というのもわかりますが、見境なく、あまり度を越えることのないように。特に日本人は流されやすいので注意が必要です。
は、は、は~!!!。大変ですね~!。
でも一生に一回って考えると、なかなか決めれそうに無いですね…。

私は自分の姿にコンプレックスが有るので、
写真は出来るだけ「撮らない」「見ない」なのですが…笑。

[ 2007/12/25 14:18 ] [ 編集 ]
結婚式は何度でもやってもいいのですよ>一生に一度ではありません。
(反対に葬式は一生に一度ですが、本人には選択権がないので悩みませんよね)
まあ何度もやるのも疲れますけどね(笑)



[ 2007/12/25 21:28 ] [ 編集 ]
私の方はまだ選片のブログ更新できてないのですが、
ほんと、まさにそんな感じでした。
共感、共感!
でも、カメラマンと一緒に写真を選ぶとなると、
かなりのプレッシャーですねぇ。
私の方は、なんと予想外にも全く「加挑」のセールスが
なかったんですよ。
3回くらい写真を選びに行ったのですが、一度たりとも、
シャオジエの接客なし。
自由にインして、サヨナラの挨拶もなしでアウト。
揚句の果てに、自分でお茶を入れる始末。
でも、セールスなんてなくても、
女なら、自然と沢山に選びそうになります。
しかし、そこをこらえて私は一枚も余分に買いません
でした。どうです?なかなか、いい嫁でしょう?
[ 2007/12/25 22:18 ] [ 編集 ]
向こうも商売ですからね、なかなか痛いところをついてきますね。

うちも写真を選ぶ前に、諸先輩方からこの話を聞かされていたので、主人が心を鬼にしていっぱいある写真を次々に消去していきました。
しかも写真の並びがバラバラで、同じ衣装を着たシリーズでまとめていないので、消去しにくい作戦を使われているナーと感じました。
でも、私は「あー、これいいカットなのにな~、もったいない」と心の中で思っていましたが。

台湾の人は「おめでたいから」とか、「一生に一度だから」と、ちょっと多めに選ぶ人が多いようですね。

また、結婚式当日、私の化粧に使うファンデーションも高額のものを勧められました。
これはサービス外だから自前で払えといわれました。
スタッフに取り囲まれて言われたので、はらってしまいましたが、後で考えると、別に特別なファンデーションなんか使わなくても、本人は本人なんだから・・・と思いましたが。

Qing Zuiさんも結婚式当日、気をつけてね。



[ 2007/12/25 23:39 ] [ 編集 ]
いよいよカウントダウンだなんて・・・
私を差し置いて・・・ズルイ!(ハンカチを噛みしめながら)

というのは冗談ですが、台湾の方も結婚写真を撮るのが好きなんですね。
しかし値段が高いですなあ・・・でもセールストークにも的確な
判断・対応をされるQingZuiさんに萌えです♪
[ 2007/12/26 02:00 ] [ 編集 ]
ni4de_hさん
私もあんまり写真に撮られることが好きでないのですが、台湾のこうした写真は「猫背」と「表情」以外だったら、大抵のことは修正できるらしいです。それを本人が希望するかどうかは別問題として(笑)。しわを完全に消したり、太っている体型をスリムにしたりと、もうそれは「写真」とは言えないのじゃ?と言いたくなるほどだそうです。

BING DONGさん
ものぐさなもので、面倒なことはできれば一回で終わらせたいという本音も(爆)。でもそれは名言だなぁ(^_^;)。
[ 2007/12/26 12:51 ] [ 編集 ]
子猫さん
セールスなく、当事者だけでじっくり選ばせてくれるのは、とてもいいサービスですね。実は私は鬼になりきれず、最終的には結構枚数を追加してしまったヘタレなんです(^_^;)。だから余計にこれから体験する人には失敗してほしくないですねー。

ももママさん
写真の並びがバラバラというのは、なかなかエゲツナイですねー。。。この先も注意が必要かー。結婚って初めての経験だからか、とても疲れますねー(笑)。
[ 2007/12/26 12:58 ] [ 編集 ]
慎さん
大陸でやっているお店も、台湾に資本があったり、台湾の例を真似たりしていることが結構多いです。習慣は元々あったのかもしれませんが、これをビジネスとして成功させたのは台湾かもしれませんね。
でも慎さんも意外と近い将来に「電撃」があるんじゃないですか?楽しみにしてますよー♪
[ 2007/12/26 13:01 ] [ 編集 ]
話が、急展開な感じがして、ちょっとフリーズして、出遅れてしまいました^^;。
おめでとうございます。
式が台湾ということは、相手の方は台湾の方ですか。それで、上海にいかれるのですね。
来年は飛躍の年になりそうですね。どうぞ、お体には、気をつけて。
[ 2007/12/26 20:04 ] [ 編集 ]
私は結局2枚しか選ばなかった。
しかもそれを両方の親にあげて今はなし。
一生に一回だけど、双方あまり興味なかったもんで。
あまりにもオプションをつけないので、姉のだんなさんがいっぱい写真とビデオを撮ってくれました。でも台湾人とではこうはいかないよね。

でも結婚式はたくさん呼んだ方が元取れるよ、たぶん。
地味婚で行くと親戚2人で1個の紅包だから損をしました、私の場合。
[ 2007/12/26 21:55 ] [ 編集 ]
地下水さん
ははは、何の前触れもなかったですね(^_^;)。
来年は色々ありすぎて疲れてしまいそうです。来年以降生活を安定させるよう頑張ります♪

ちんだおさん
式は大々的には挙げないつもりなので、その分出費をこちらの婚紗にまわしました。日本ではなかなか難しいようですが、台湾ではまだまだ式で元を取ることができるようですね。
[ 2007/12/27 12:28 ] [ 編集 ]
お疲れ様です(^_^)
それにしても10枚で五万円は…呆気に取られてしまいますね(^_^;
そしてご結婚おめでとうございますv(^_^)
ひとつ前のブログから最近まで、拝見するだけでしたが、なぜか我が事のように感慨深くなりました。
これからもご多幸をお祈りしております。
[ 2007/12/29 19:18 ] [ 編集 ]
いわたさん
コメントありがとうございます♪
そう仰っていただければ、私にとって最高の祝辞です。
結婚に向けて本格的に慌しくなるのは来年以降になると思いますが、これからも記事をお楽しみいただければ光栄です。
[ 2007/12/30 00:28 ] [ 編集 ]
そうだったんですか。追加で儲けるんですね、写真やとカメラマンは。保険のセールスに似ているなあ。

私は妻が全部取り仕切ってくれたので、そばで見ていただけでした。でも、その写真屋のショーウインドーには、しばらくの期間、私だけをとった写真が飾られていました。あれはひょっとして妻がそういう条件をつけて追加写真をのんだのかもしれない・・・
なら、やっぱり夫を立てて自分も枚数を増やした賢い妻には頭が上がりません!

お幸せに!
[ 2008/01/01 23:50 ] [ 編集 ]
ほにゃららさん
あー、店前に飾ってありますよね!あれ、モデルさんを写した特製アルバムだと思っていたのですが、一般の方のもサンプルにされてしまうんですか。高雄は知り合いが多いので、あんなところに飾られるのはマズイなぁ(笑)。先に一言言っておいた方がよさそうですね。
[ 2008/01/02 16:34 ] [ 編集 ]
遅ればせのコメントでスイマセン。ウチらの変身写真とは違ってお高いですね。実は、修正して自分の顔がヘンだ(元の悪さは棚に上げて)と思っているのですが、正式な結婚写真で、それこそ一生に一回の大切な記念写真が気にいらなかったら、そーゆ~アフターケアがあるんでしょうか?迷う写真は要らない、っと言うアイデアは素晴らしいと思います。それ、採用します@円楼(笑)
[ 2008/01/07 12:51 ] [ 編集 ]
ブタ子さん
私は立ち会いませんが、修正した後、何回でも納得のいくまで校正が可能だそうです。文句もつけ放題(笑)。撮る方も撮られる方も妥協はありえないようです。
[ 2008/01/07 20:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。