上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国産冷凍ギョーザ騒動に物申す 

 まだ現段階で製造元や販売元による原因特定ができていないのでコメントは差し控えようと思っていたのですが、これだけ大きな騒動になれば全く書かないわけにもいかないかなと。

 まず農薬で人が中毒になり、口もきけないほどの麻痺状態になるというのはどういうことなのかを考えてみましょう。

 農薬には食品への残留基準があって、その数値を超えたら危険ですよーというのはどなたもご存知と思います。その残留基準というのは色々科学的データを元にして決められるのが通常ですが、そのデータの1つにADIという数値があります。

 ADI=Acceptable Daily Intake 日本語では一日摂取許容量と言います。単位はmg/kg/day。人が一生涯にわたって毎日摂取し続けても、健康に影響を及ばさないと判断される量。問題のメタミドホスという殺虫剤には、0.004という数値が定められています。

 例えば体重50kgの人を例にとりますと、0.004mg/kg/day=0.2mg/50kg/day。すなわち一生毎日0.2mg摂取しても何ら問題はないと言えます。

 仮にギョーザに使用されたキャベツにこの農薬が残留していたとしましょう。キャベツのメタミドホス残留基準値は1ppm(=0.000001=0.0001%)。これを超える濃度が検出されると違反になります。ただし普通に農薬を散布する程度では、この1ppmを超えるというのはそうそうありません。

 今回問題になった冷凍ギョーザは40個560g入りです。1人5個食べるとしましょう。ギョーザの重量は70gです。70gのうちキャベツの量はいかほどでしょうか。多くても30%くらいかな。21gです。この21gに0.2mg以上の農薬が混入している場合、その農薬が占める重量比は、0.2÷210=0.1%ほどです。(もちろんこれを毎日食べ続けても健康には何も影響がないわけです)

 この0.0001%と0.1%は比率を求めている対象が違うので本来比較することはできませんが、ぱっと見た感じ余りにも濃度が高いなーという印象。今回のギョーザでは人が倒れるほど残留していたわけで、普通に畑で農薬を使いすぎてるといったレベルの問題ではないなぁというのが、まず最初の印象でした。

 それにメタミドホスという農薬は加熱で分解されやすく、ギョーザを加熱調理しても人が麻痺状態になるというのは残留というよりも、薬剤が直接ギョーザに触れたか混入したと考えるのが妥当です。

 その証拠に実際にひどい中毒症状を起こしたのは現在まで10人ほどに留まっており、家族で食べていた状況を考えると該当商品は3袋ほどでしょう。今回問題を起こしたものと全く同じ製造ロットで回収対象になっている商品は約1万5千袋もありますから、もし原材料に農薬が残留していた場合には被害はもっと拡大していたはずです。つまり原材料への残留ではなく、製造過程での故意か過失による混入と考えることができます。と思っていたら、今日の報道では外装袋に縦約1mm、横約3mmの穴が開いていたそうですね。これは人為的な故意による事件の可能性が非常に高いでしょう。

 事件だとするならば、この問題は非常に限定的な範囲で収束するものと思われます。中国産の全てを悪者扱いするのは妥当性を欠いており、私達はもう少し冷静になるべきだと思います。ひょっとしたら日本国内の流通段階での混入(=愉快犯?)なんて落ちもあるかもしれません。

 問題を起こした物と同じ商品は食べないようにするのは当然ですが、それ以外の商品については今回の原因が完全に究明されるのを待ってから対処してもいいと思います。

(2月2日01:00追記)
 2月1日夜からマスコミ各社で一斉に「ピンホールがあった事実」「メタミドホスの残留は130ppmもあった事実」「故意または過失による混入説」を報道し始めました。業界関係者であれば私が上記で書いた通り、極めて不正常な状況で混入した可能性があることは最初から気づいていたはずで、それ見たことかと思っている人も少なくないと思います。甘利経済産業相は大変冷静なコメントをしていましたが、それ以外の桝添厚労相、民主党などは相変わらず中国を最初から疑ってかかる言動を続けています。これ、万が一、日本国内での混入なんて落ちが付いた日には、大変な国際問題に発展すると思いますが、果たして大丈夫なんでしょうか?私はつい先日、マスコミの表面的な報道に踊らされる盲目的な日本の大衆について警鐘を鳴らしたばかりですが、今回日本が自分で自分を傷つける最悪の結末にならないことを祈るばかりです。
もうすぐ春節だし、出荷されたのはずいぶん前、結局のところ分からずじまいでした、とお蔵入りするのが目に見えるようです。

中国製品に限らず、目に見えないところで加工されている食品に対して注意と、それと妥当な対価を払って安全を確保するということを考え直すいい機会でもあると思います。
[ 2008/02/01 23:48 ] [ 編集 ]
中国政府の異例の速さの否定には驚きましたけれども。
北京奥運会前で相当気を使っているんでしょうね。
それにしても穴開きの報道で原材料農薬汚染説は無くなりそうですね。確かに。

実際のところ今の日本人で中国産の物を食べていない人の方が少ないのではないのかな?と思います。
相互依存が深まり、日本の政治家は嫌がっていると思いますが。
[ 2008/02/02 00:02 ] [ 編集 ]
BING DONGさん
今回は日中両国とも威信がかかっているような事態に発展しつつあるので(特に中国側はオリンピックイヤーなのもあるし)、春節前後でうやむやというふうには決してならないと思います。
もっと冷静にそして謙虚に日本の食を見つめなおす機会というご意見には大いに同意です。そういう方向性をマスコミがしっかり論じてくれればいいのですが。。。

いわたさん
日本の警察や検査機関もお粗末すぎます。あんな大きなピンホールが今になって発見されるというのはナンセンス。私だったら受け取って真っ先に虫眼鏡を持って、袋のピンホールをくまなく探しています。如何に意図的混入の可能性をはなから否定していたかということです。
日本の食糧自給率はわずか39%。日本の食品のようにみえる味噌や豆腐だって、原料の大豆は輸入品に頼る部分が大きいのが事実。マスコミはもっとこういう外国依存の日本の食卓事情を報道してほしいものです。
[ 2008/02/02 01:38 ] [ 編集 ]
やっぱりその業界の人の言葉は説得力が有ります。
私も耐震偽装問題で報道にはいろいろと疑念を
持った一人なので、今回も決めつけの報道姿勢には
不信を持っています。

これからもいろいろと教えて下さい。
[ 2008/02/02 22:24 ] [ 編集 ]
ni4de_hさん
報道は万人に中立的な視点でやってほしいところですが、やっぱり視聴率を上げるという目的に多少邪魔されるようで…。早期の真相究明に期待しましょう。
[ 2008/02/03 11:36 ] [ 編集 ]
中国発の食品は日本だけでなく東南アジア諸国、例えばマレーシアでも利用しています。それらの国もじっと見守っているでしょうね、今回の騒ぎを。
マスメディアの報道も評論家の発言も偏りが多いので要注意ですね。
[ 2008/02/04 08:51 ] [ 編集 ]
そういうことだったのですね。
何事にも「原因」があるのだから
マスコミも表面上で表す大陸=危険!という
イメージを報道しないでほしいですね。

この問題だけでなくわかってなさ過ぎるのに
騒ぐのも本当にどうかと思います。
[ 2008/02/04 20:37 ] [ 編集 ]
早くDNA鑑定をして薬品の製造元(及び流通経路)を特定すべきだと思います。
[ 2008/02/05 12:21 ] [ 編集 ]
あいやーさん
韓国なども真っ先に動きましたよね。普段から中国製品を危険視している台湾の報道も早かったです。今後各国の態度も注目です。

kaori☆さん
まぁ中国産は過去にも多くの「前例」があるので、疑われても止むを得ない面もあるのは事実です。ただもっと他に伝えなければならない日本の自給率の問題などにも同じくらいの時間を割いてほしいものです。
[ 2008/02/06 22:45 ] [ 編集 ]
ziziさん
そうですね。それが解明への近道ですね。また新たな農薬(ジクロルボス)も出てきたことだし、多くの手がかりから早期解明を期待したいです。
[ 2008/02/06 22:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。