上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金門回想 大陸を観測する 

観測地点

 (地図はGoogle mapさんからお借りしました)

 金門には2箇所大陸を観測する地点があります。福建省厦門市同安県にある角嶼からわずか2kmの地点にある馬山観測所、そして小金門では7.7km先の厦門本島を臨める湖井頭戦史館があります。今回楽しみにしていたのは過去厦門側から見ていた小金門、すなわち小金門から厦門を見ることでしたが、何と湖井頭戦史館が改修工事で入館できず!台湾から7年前自分が暮らしていた厦門を眺めるという夢は叶いませんでした。。。くっそー、いつかリベンジ!

 というわけで今回行くことができたのは馬山観測所のみ。

馬山播音站の脇

 かつてテレサテン(麗君)も心理戦のためにここで対岸にメッセージを送った事もあるという通信施設馬山播音站を抜けて、海岸にある観測所まで続く坑道に入っていきます。

 入り口で身分証を通行証に引き換えて中に入るようなことが古いガイドブックに書いてありましたが、全く誰にも声をかけられませんでした。素通りです。

 一応今でも多数の軍隊が駐屯している重要軍事拠点で、観測所まで続く長い坑道の中では多くの兵隊さんとすれ違いました。(ちなみにこの坑道内は写真撮影禁止ですので写真はありません。)こういう薄暗い細い通路で兵隊さんとすれ違うと、あたかも自分が戦時中に一兵卒として軍事活動をしているような錯覚に(^_^;)。

 しっかしこんな最重要拠点を身分証明書なしで通してしまうのはどうですかね。知らずに敵側の大陸観光客も入れてしまう可能性は充分あると思うのですが。。。金門で身分証明書をチェックされたのは帰りの飛行機に乗る前の保安検査だけでした。あっけな過ぎて逆にびっくりです。

馬山観測所

 こんなところから大陸を覗き見して帰ってきました。ここにおいてある双眼鏡は対岸の歩いている人まではっきり見えるスゴイ倍率です。(えっと、、、ここは写真撮ってもよかったのか、な、、、(^_^;)?)

 肉眼でもご覧のとおり。

角嶼
私も双眼鏡で見てきましたよ。
中国側では、小船で魚を獲ってましたね。
そして、あちらから観光船みたいなのが近づいて来たりして、台湾の警備艇が追っかけてました(笑)
[ 2007/05/30 19:50 ] [ 編集 ]
Qing Zuiさんの場合は、両方を知っているちゅう別の意味での楽しみ方(?)があるっすね。
ワタクシもとっとと他の台湾行きたい場所制覇して離島デビューしよっとe-78
[ 2007/05/30 23:46 ] [ 編集 ]
わたしの受けた印象は「緊張のかけらも感じられない」
でした。かつては10万人以上が駐留していたそうですが
縮小され金門防衛指揮部麾下の3個旅団の実兵力は1万人
以下。戦術的にみても金門はあまりに大陸に近すぎて
現代戦においては有事には孤立して「死兵化」してしまう
ように思われます。完全撤退することは政治的にありえ
ないでしょうが、今後さらに縮小は進んでいくと想像され
「軍」も金門の観光資源の一環という存在価値と化して
行くのではないかと。
[ 2007/05/31 04:38 ] [ 編集 ]
睡眠薬の効果はバッチリ、帰国して初めて午前9時台に起きることがことができました。会社勤めの皆さんゴメンナサイ!それまでずっと早朝~昼過ぎ+夜8~10時という睡眠時間でした(用事のある日は睡眠時間2~3時間でフラフラになって外出してました)。!睡眠薬で治すというのは、眠りたい時間に服用して睡眠時間のリズムを矯正するということです。1度リズムをつかんだら、たぶんもう大丈夫と思います(念のためあと数日は服用する予定ですが)。
 もし時差ぼけなど急性の不眠(神経的なものなどは別)でお困りの方は、ご近所の内科医でも睡眠薬もらえることを知っておくとお役に立つと思います。
 
[ 2007/05/31 13:05 ] [ 編集 ]
残念でしたね、湖井頭戦史館・・・。
馬山観測所では私も肉眼で見えた厦門、
なんだかものすごく感動して(近ければ見えるのは
当たり前なんですが・・・(^^ゞ)、
パチリと写しました。

6月2日の夜、日本と同日放映(時間はずれますが)する
「テレサ・テン物語」。
見るのを楽しみにしているんです・・・。
[ 2007/05/31 17:40 ] [ 編集 ]
讃岐おばさんさん
それはそれは、、、貴重なシーンを目撃されましたね!
私も漁民は見ました。いつもあそこで漁をされているのでしょうかね。金門側は海岸線厳重警備体制なのに対して、大陸側は意外にも普通の穏やかな生活風景だったので少々拍子抜けしました。

のまどさん
金門島と厦門はやはりセットで体験した方が味わい(?)深いです。もし機会がありましたら、是非厦門にも訪れてみてください!
[ 2007/05/31 17:46 ] [ 編集 ]
kyon2さん
今年になって澎湖が大陸からの旅行者に開放されましたが、確か同時に金門も開放されたはずです。もはや軍事拠点としての色合いは薄れてきていますね。金門から小金門を抜けていくと、小さな大膽島というのがあります。ここは小金門よりも更に厦門に近い島で軍事拠点となっていますが、一応ここはまだ未開放とのことでした。

茶々さん
わぁ、、時差ぼけ、大変だったんですねー。
私は過去2度ヨーロッパに行きましたが、帰り(夕方出発→午前着)は飛行機の中でできるだけ寝るようにすれば何とかなりましたが、どちらかと言えば行き(午前出発→午後着)の方が大変でした。
[ 2007/05/31 17:55 ] [ 編集 ]
くにさん
馬山から見える大陸は本当に漁村に過ぎないんですよ。湖井頭から見える厦門は、大都市厦門の市街地ではありませんが、一応人口もそれなりにあって5★ホテルなどもあるところですので、そちらの方がどうしても見たかったのです。次回いつリベンジできるでしょうか。。。改修工事は確か今年の7月だか10月までです。
テレサテン、土曜日でしたか。当時はまだ(中正)紀念堂がなかったのにそれが写っているとか台湾側から歴史考証について突っ込まれてましたね。
[ 2007/05/31 18:01 ] [ 編集 ]
おはようございます、Qing Zui様

金門がこんなに大陸と近いとは!!
近い近いと聞いてはいたのですが、記事のマップで改めて。
台湾の友人の中には、ここへ徴兵が当たった子がいました。
あまりの近さに「何かあったら、やべ~な、オレ」と思ってたそうです。
[ 2007/06/01 10:15 ] [ 編集 ]
今年5/18に廈門側当局から発表された数字によると
金門を訪問した福建省住民が3万人を超えたそうです。
二泊三日の観光コースは↓こちら。
http://www.cytsxm.com.cn/news/news_detail.asp?id=605
金門に機密保持厳重な軍事施設があるとすれば
ELINTやCOMINT施設でしょう。(存在は明らかではないですが)
大陸側の携帯電話通話が丸聞こえの位置ですから。
[ 2007/06/01 11:35 ] [ 編集 ]
いけこさん
そうなんですよー、近いんですよー。
当兵、金門に配属されるとこの世の終わりみたいにショックを受けるそうですね。本島からのあまりの遠さに(^_^;)。。。

kyon2さん
何と将来的には大陸と金門とを橋でつなぐ計画があるそうですよ。そうするとますます往来も増え、そしてますます台湾と言うより大陸の一部になってしまうような(^_^;)。
そう言えば島の外周を回っているときに、大陸の電波が入るから、と大陸電波を使って大陸の人に電話している人を目撃しました。
[ 2007/06/02 20:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。