上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

台湾のゴミ収集車 

鹿港

 今日も蔵出し写真を。

 帰宅を急ぐバイクが行き交う夕暮れ時、手に手にゴミ袋を抱えた人たちがどこからともなく沿道に集ってくる。間もなく大音量のメロディをかき鳴らしながらゴミ収集車がやってきて、人々はゴミを投げ入れようと車に群がる。。。

 と、台湾で暮らす人にはとてもお馴染みの日常風景。今思い返しても、やっぱり台湾を象徴的に表した光景だったなぁ。

 ところでこのゴミ収集車が鳴らすメロディは2つあるのをご存知ですか。私は高雄では乙女の祈りしか聞いたことなかったのに、台北ではエリーゼのためにがかかっていて驚きました。あれは地域で分かれているんでしょうかね。ご存知の方教えてください。

 長い間この2種類のメロディと思っていたのですが、一度だけ全く別の曲がかかっていたのに遭遇したことがあります。それは澎湖の七美島に行ったときのこと。メロディを聞いてすぐに羅大佑だ!と思ったのですが、曲名はその時思い浮かびませんでしたが、恐らく童年だったと思います。田園風景にマッチしてなかなかに風情がありました。

 写真は彰化鹿港のゴミ収集車。いつかゴミ収集車に群がる人々を撮ろうと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれず。この時はエリーゼのためにが聞こえてきたので咄嗟にカメラを持って駆け寄る!同行の台湾人はじめ周囲の人たちに怪訝な目で見られたのは言うまでもありません(^_^;)。
拉圾車にはほぼ毎日お世話になっています。

私が住んでいる新店市ではやはり「エリーゼのために」の音楽がかかっています。
が、同じ新店でも去年まで住んでいた地域では「エリーゼのために」だけじゃなく、時々「乙女の祈り」の時もありました。
また、今は廃止されたのですが、去年の夏頃までゴミ収集車がもうじき来るよというお知らせをするバイクのおじさんがいました(たぶん環境委員の方)。
バイクが来る時の音楽は「故郷の空」でした。(「麦畑」と言った方がわかりやすいでしょうか)

更に、不燃ゴミを集める車が週に2回来ますが、この車の音楽は台湾語の歌です。
歌の歌詞も「ゴミはないですか~」と言っているそうです。
[ 2008/02/28 23:30 ] [ 編集 ]
台北近郊都市(樹林市)に住んでいる僕が週二回に不燃ごみ収集車に台湾語の歌を聞く機会があり、歌詞は(空き缶空き瓶がありますか?)です。
[ 2008/02/29 11:49 ] [ 編集 ]
こんにちは!

以前学校に通っていたころ(結婚前)
に住んでいたところでは乙女の祈り
だったのに今はエリーゼのためにだ!!
と今気がつきました。
すみません。鈍感で。苦笑…。

やっぱり地域によって分かれているんですね。
でも収集場所のトラックによって別れていたり
するのかも。どうなんでしょう?気になります!
[ 2008/02/29 15:55 ] [ 編集 ]
台北市では信義、大安区は「乙女」、士林区では「エリーゼ」を聞いたことがあったのですが、区別はあるのかなぁ…。信義区でもエリーゼの時もあったしなぁ…。新店市では「乙女」しか聞いたことがなかったです。

余談ですが、東海道山陽新幹線の新横浜駅のホーム安全扉の注意ブザーが確か「乙女」で、台灣から帰国直後「どっかで聞いたことがあるけど、この曲何だっけ」と考えたことがありました。何の曲だか思い出せた時、懐かしさに苦爆笑。
[ 2008/03/01 20:02 ] [ 編集 ]
確かに台北県ではエリーゼでしたね。桃園では、乙女の祈りです。最近は廃品回収は別の音楽(子供の声で)を流して結構うるさいです^^; 車遠くから段々近づいてきた時が「あ、そろそろだな~」と外へ出る合図でした。w

このところ、環境保護の為といって、ごみ収集者も週末はお休みしてるんですよ。

[ 2008/03/01 22:45 ] [ 編集 ]
私は、台湾のゴミ収集車が夜来ることにビックリしましたね。
なんで夜!?って。
日本だと朝ださないとだめじゃないですか。
でも個人的には夜の方がいいですが、残業で出せない!なんてことになると思うと、やっぱり朝の方がいいかな…
[ 2008/03/02 11:05 ] [ 編集 ]
けっこう大音量なのでびっくりしますよね。
収集車が来る時間に留守していたら、ゴミは溜まる一方?
どんな解決法があるのでしょう?
[ 2008/03/02 11:26 ] [ 編集 ]
ももママさん
本体の前にお知らせのおじさんがいたとは!高雄ではそんな人、見たことなかったです。不燃ゴミ収集の車については注意したことなかったですね。なるほど、いろいろ種類があるもんですね。

陳さん
情報ありがとうございます。台湾語のアナウンスだったら、私ももしかしたら聞き流しているかもしれませんが、歌だったら聞いていれば耳に残っていそうです。なのに知らないということは、やっぱり高雄にはなかったのかな。
[ 2008/03/02 12:48 ] [ 編集 ]
kaori☆さん
以前台北に住んでいて高雄に引っ越してきて随分経つ台湾人に聞いたことがあるのですが(高雄と台北で音楽違うよねって)、「えー、同じだよ」の一言で返されてしまいました。気にしていない人も大勢いそうです(笑)。

阿沙さん
台北でも地区によって分かれているんですか。そうするとますます謎ですね。私はてっきり台湾の北と南で分かれているものだと思っていましたから。
[ 2008/03/02 12:53 ] [ 編集 ]
reachiaさん
桃園は乙女ですか。。。エリーゼの方がエリア的には限定されているような感じがしてきました。子供の声というのは、ももママさんや陳さんが仰っている台湾語の歌のことでしょうか。それともまた別バージョンが存在する?!

pregoさん
日本だと収集車が来るまで待って、自らゴミを投げ入れるなんてことないじゃないですか。曜日が決められているとは言え、集積場があって。そこが日本と台湾の違いだなーと思っていました。夜来るというのは、そうやって自らゴミを投げ入れるやり方だからこそなのかもしれませんね。
[ 2008/03/02 12:58 ] [ 編集 ]
マツモトさん
私が住んでいたところは、幸いマンションで集積場があって、そこに置いておけば管理の人が捨てておいてくれるといったシステムでした。確かに収集車が来るタイミングに留守がちな人にとって、この自らゴミを投げ入れるシステムは困りものですね。考えたことなかったなぁ。
[ 2008/03/02 13:01 ] [ 編集 ]
全然覚えていません。。。
アパートだったし、高雄に居たころは子供だったから
関わってなかったのかな。。。今度両親に聞いてみます!

しかし台湾のゆるさ、最高ですね
[ 2008/03/03 22:30 ] [ 編集 ]
華マルコムギさん
もしかしたら時代とともに音楽にも変遷があるかもしれませんね。それはそれで興味深いです。
[ 2008/03/04 20:26 ] [ 編集 ]
美幌町のゴミ収集車(一般ゴミ)の音楽は「バッハのメヌエット」です。
美幌町のゴミ収集車(資源ごみ)の音楽は「七つの子」です。
あなたの町の音楽は何が流れていますか? コメントしてください。
[ 2009/09/08 01:40 ] [ 編集 ]
加藤雅夫さん
コメントありがとうございます。日本でも音楽を鳴らしながらやってくるゴミ収集車があるんですね。実家の東京でも、赴任先の上海でも音楽は鳴らないので、ゴミ収集車が音楽を鳴らしているとどうしても台湾を思い出してしまいます(笑)。
[ 2009/09/08 08:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。