上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金門回想 洋楼 

水頭

 華僑とは中国や台湾以外の国や地域に移住した中華民族のことで、特に中国動乱期の清朝末1900年前後に活躍した人たちを指して言うことがあります。

 当時彼らは主に広東省や福建省から出て行ったのですが、金門も華僑輩出地域としては有名です。(そうそう!金門は実は住所上、台湾省ではなくて福建省に属するのです。台湾でありながら福建省。)

 華僑は海外で富を成し、故郷に錦を飾りました。戻ってきて洋風の住まいを建築し始めます。

洋楼

 ぱっと見、その荘厳さに目を奪われがちですが、実は彼ら自身の巨万の財産を守るための要塞としての役割を果たすために、このような建築スタイルに行き着いたようです。

 例えばこの得月楼などはその典型です。

得月楼

 地下一階地上四階、壁の厚さは25cm~39cm。ところどころ空いている小さな穴は外敵に銃口を向けるため、そして大きな穴は石灰を敵の目に投げつけるためのものだったそうで、この村を守る監視と防御の砦として機能していました。

金水国小

 この得月楼がある水頭は金門の中で洋楼をテーマに一番整備が進んでいる地区で、ここでは洋楼と当時の学校、そして南福建スタイルの民家を多数見ることができ、またそうした民家に宿泊することもできます。

和氣致祥

 ここ水頭一帯にある民家の門前では、このブログ冒頭に掲げた和氣致祥の文字を多数見る事ができて、ちょっと嬉しかったです。

 そうそう、以前大陸でこのような洋楼が密集している廃墟のような街、広東省の開平と言うところに行ったことがあります。ご興味のある方は私の以前の旅行記をご覧ください。
この洋館シリーズ、イイですね~。見てみたいっ!
知れば知る程ステキですね、金門島!

そう言えば、とさっき、少し前のドルニエ(?)とか言う小さな飛行機の記事を読んでみました。飛行機が苦手な私は読んでいるだけで手に汗握る臨場感溢れる怖さでした(^^;
金門~台北(もしくは他の都市)への飛行機も小さめの飛行機でしたか?
[ 2007/06/04 13:27 ] [ 編集 ]
って、優秀な方が多いんだなぁー、と思いました。
水頭の民宿、とても素敵でした。
「和氣致祥」も、じーんとくる素晴らしい言葉ですね。
私は全く気付きませんでした・・・。
修行が足りませんね(^^ゞ
開平の写真も興味深く拝見しました!
すごい雰囲気ですね。
お写真を拝見して固まってました。

お恥ずかしながら、拙ブログに載せた水頭の民宿の様子です・・・。

http://diary.jp.aol.com/applet/fsnm4g/200605/archive?b=10
[ 2007/06/04 14:26 ] [ 編集 ]
はるさん
金門はまだほとんど観光客向けに整備されていない地なので、寂れた集落に突如立派な洋館があったりして驚きます。実はこの水頭も整備はされていますが、洋館の数としては金門の中では規模は小さい方なんです。
私は金門-高雄の往復だったので台北線はよくわかりませんが、まずあのドルニエのような小さい飛行機ではありませんよ。ご安心ください。金門-高雄往復はMD90型機でした。

くにさん
開平の写真、衝撃的でしょ(^_^;)?
私は随分昔中国の機内誌でここの存在を知り、当時ようやく念願かなって行った次第です。ただ、ここは日本人が一人で行くには不便な場所にあります。もっと手軽に洋楼を楽しまれたいのでしたら、厦門にあるコロンス島はオススメです。ここにも洋館は一杯あります。
[ 2007/06/04 14:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://chinataiwan.blog102.fc2.com/tb.php/29-8603e156

民宿入り口前の静かな通り。屋上に上がって見た景色。オーナーさんがおっしゃるには、ここからの夕焼けを見るのは最高!!との事。着いた日は、既に日が暮れていたので見られなかった・・・(;_;)「黄氏酉堂」1766年に建てられ、国の二級古蹟に指定されている。目の前に池が
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。