上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

別府地獄巡り 

地獄巡り

 湯布院で朝風呂に浸かった後は、バスで由布岳を越えて別府の町へ。

 大分空港から東京に帰るまでの間は、日本一の湯量を誇る湯煙の町で地獄巡りです。

 別府にはただ浸かる温泉だけでなく、見る温泉として面白い景観の温泉がいくつかあり、地元の亀の井バスがそれら複数の温泉をガイド付きで巡る定期観光ツアーを組んでいます。

 所要2時間半、料金は3,600円と割高な感じがしますが、自分で回っても入場料だけで2,000円しますので、ガイド料と移動の足が含まれていることを考えると、まぁ妥当でしょうか。

海地獄

 オーシャンブルーの涼しげな海地獄。でも温度は98℃もあります。

鬼石坊主地獄

 泥の中からお湯がボコッボコッと噴出すと、坊主が水面に頭を出したような景観になる鬼石坊主地獄。地味ですが温度は99℃。

血の池地獄

 赤い泥が噴き上がる血の池地獄。温度は78℃。地獄というネーミングが一番しっくりきます。

竜巻地獄

 30~40分間隔で噴き上がる間欠泉の竜巻地獄。温度は100℃以上あります。屋根がなければ迫力ありそう。

 と、一部の写真を載せておきます。ツアーでは他に4箇所の地獄を巡りますが、写真で見ると非常に地味なので省略。。。

 別府を効率よく回りたい人にはオススメですが、アミューズメント性は低いですね。温泉を見て回って、ほぉ、ふぅん、てな感想で終えてしまう。1度行ったら2度はいいやって感じ。
亀の井バスの定期観光バス、バスガイドをのせた観光バスとしては日本で最も古いって説明ありました?
[ 2007/06/17 08:53 ] [ 編集 ]
地獄巡りって見るダケなんっすね。
(確かに・・・この温度ぢゃまず入れないっすな)

普通に入れる温泉では血の池地獄みたいなお湯の所ってないんでそかねぇ???
あったら入ってみたいっすv-48
[ 2007/06/17 21:04 ] [ 編集 ]
BING DONGさん
えぇ、そのように仰ってました。それに例の七五調も取り入れつつガイドしてくれましたよ。今年入社したての新人ガイドさんでしたので、実に初々しかったです(笑)。

のまどさん
そうですね、、、多分入る事はできないと思います。ただ血の池地獄ではその敷地内に、足湯があって、そこのお湯は地の池地獄から引いているとのことです。そこだけでしょうかね。
[ 2007/06/18 06:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。