上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

見つけた! 

 以前紹介した上海近辺の枝豆の食べ方。紹興酒と調味料の浅漬け。とても上品な味わいで、とにかく手と口が止まらない、止まらない。

 上海のレストランでは前菜として普通にメニューに載っているので、スーパーや市場のお惣菜コーナーで売っていてもよさそうなものですが、一度も巡り合ったことがありません。家でのんびり食べるには、レストランのテイクアウトしかないかなーと思っていました。

糟鹵

 ところが今日調味料コーナーで見つけました。糟鹵。成分は水、紹興酒、塩、砂糖、味の素。私の中国語が確かであれば、これに漬け込めばいいはず!

糟毛豆

 で、漬けてみた結果がこちら。おぉ!外で食べる味と同じ!デリシャス!

 一瓶たったの4.3元。茹でた枝豆を冷やして漬けておくだけ。我が家の常備調味料ラインナップに追加です。
なーるほど!
そういう味付けだったのですね。
一時帰国の友達に頼んで買ってきてもらうか…いや、まずは調味料の並び順を参考に、自分でチャレンジしてみます。
味精抜くと、味違うんでしょうけどね(^^;
[ 2009/08/24 08:28 ] [ 編集 ]
ぞんいえさん
あ、成分はおおよそ合っていたと思いますが、確実正確ではないので(^_^;)。この味、実に表現が難しいのです。単純に原材料を組み合わせてもうまく再現できないような気がします。まずは市販品を買って味見してみてください。ただ持ってきてもらうには重いかなー。瓶詰めなので。。。
[ 2009/08/24 21:51 ] [ 編集 ]
いいもの見つけましたねー。
でも、さすがに台湾では売ってないですよね?
やっぱり上海に行くしかないのかっ!?

枝豆、両端をカットするんですね~。
簡単そうに見えて、ちゃんと仕事がされてるって感じです。



[ 2009/08/26 10:32 ] [ 編集 ]
けんこうさん
台湾では私も見たことありませんが、酒かす漬けの料理法は台湾にもあるはずですので、もしかしたらしっかり探せばあるのかもしれません。台湾の紹興酒も本場に負けじと有名で高品質ですし。枝豆両端カットは多分こうしないと味がしみ込んでいかないと思いましたので(^^ゞ。でもこの一手間がやはり味を変えるんですよねー。
[ 2009/08/27 23:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。