上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

澎湖回想 七美 由来と特産 

 今日高雄に帰ってきました。(帰ってくるべき場所が違うじゃないか、という突っ込みはさておき…)

 明後日にはまた別の場所に出発するので、今日明日で今回の澎湖旅行中、七美島についてまとめておこうと思います。

澎湖位置図

 そもそも澎湖というのは中国大陸と台湾の間に位置する90もの島嶼からなる群島の総称です。

 (地図はUrMapさんからお借りしました)

澎湖全体図

 その中で七美島は最南端に位置する大きな島で、面積7平方キロメートル、人口3,000人が暮らしています。

 港周辺に少々建物が密集している以外はほとんどが草原で、先日私が載せた写真からは何もない島と誤解されそうですが、実は豊富な観光資源に恵まれた素晴らしいところです。今回澎湖の主な島を巡りましたが、私の一番のお気に入りはこの島でした。

 まず七美という島の名前の由来から。

七美人塚

 400年以上も昔の話。当時倭寇(漢字の意味からすると日本人の海賊ですが、この当時は必ずしも日本人というわけではなかったようです)がこの島を襲い、陵辱から逃れられないと悟った七人の女性が井戸に投身自殺しました。その後残った島民は彼女達を哀れんで井戸を埋めてそのままお墓にしました。するとそこから七本の樹が生えてきたことから人々はそれを七人の女性の化身だとあがめたのです。これらの樹はこの400年以上もの間、強烈な潮風にも耐え、一年中緑の葉をつけ続け、島民の精神的象徴とされてきました。こうした伝説に基づいたのが現在の七美の名前の由来となっています。

トコブシ

 七美の名を全国区にしているのは、トコブシ(九孔)の養殖です。この島の主要な産業となっています。

 また雙心石滬も澎湖観光では外せないスポットです。

雙心石滬

 石滬とはそもそも浅瀬に石垣を築いて、満潮の時に入ってきた魚が引き潮時に出られなくなることを利用した漁法で、澎湖には大小様々500あるとも言われていますが、このように2つのハート型が連なったものは珍しく、また崖の上から見下ろすことができる点も思いがけず優良な観光資源となっています。

雙心石滬アップ

 明日は七美の他の観光スポットを紹介します。
念願の○○行き、というタイトルを読んで、「澎湖」かな、と思っていたんですけど、「七美」???ん、はずれたかな?とちょっとがっかりしてたんですけれど、七美って澎湖の島の一つなんですね。
私も台湾の島に遊びにいくのが夢なんですけどね~~。いつ、どこに行けるでしょうか・・・。
[ 2007/05/10 23:54 ] [ 編集 ]
行きたかった。。。
綺麗な海ですね、西嶼の民宿に泊まったのですが、ちょっと曇り空で、海がきれいに見えなかったのが残念でした。
[ 2007/05/11 07:37 ] [ 編集 ]
Naoさん
はは(^^ゞ。いい読みですね。七美、とってもいいところですよ。そちらからだとちょっと行きにくそうですが…。澎湖はちょっとまとまった休みがないと楽しめないと思います。行ける機会があるといいですね。

讃岐おばさんさん
私は逆に七美で天気が悪くて残念でした。西嶼の民宿とは渋いですね。後ほどそちらのブログにお邪魔させていただきますね。
[ 2007/05/11 09:46 ] [ 編集 ]
澎湖って幾つかの島から成っておるっすね。
いやあ・・・全部周ると結構掛かりそうだわん。
[ 2007/05/11 21:39 ] [ 編集 ]
地図ありがとうございます!七美の正しい位置をやっと認識しました。
前回行ったのは馬公。滞在時間4時間くらいだったんですけどね。
今度七美行ってみます!
でもウニないんですかー…トコブシよりウニが食べたい。
[ 2007/05/11 23:21 ] [ 編集 ]
あ、すみません、上のコメントはanmimiでした。
[ 2007/05/11 23:22 ] [ 編集 ]
井戸の中に投身自殺ときいてちょっと「リング」を思い出してしまった私。
少しゾッとしてしまった…ドキドキ…。ブルブル…。
[ 2007/05/13 10:55 ] [ 編集 ]
いつか澎湖に行ってみたいなぁと思ってました。
いいとこだよ!とうわさには聞いてます(笑)
ハートの形の石垣があるなんて絶好のデートスポットなんでしょうね~
かわいい♪
[ 2007/05/13 11:32 ] [ 編集 ]
のまどさん
そうなんですよ。この七美と望安は馬公から1日で行って帰ってくるツアーが一杯出ていますので、それを利用されるのもいいですよ。ただ特に七美は見所が多いので、時間を気にせず見ることができるよう1泊されるのをオススメします。

anmimiさん
馬公で滞在時間4時間くらいだと中心地をちょっと見ただけで終わってしまったのでは?!七美の島のあちこちでも素潜りでウニを採っている人たちが一杯いましたので、その気になれば生ウニ食べることは可能だと思います。
[ 2007/05/14 09:36 ] [ 編集 ]
pregoさん
七美の人に言わせると、この七美人塚はやはり非常に霊気が強いらしく、軽はずみな言動はしないようにと注意を受けました。特に男性は。

花茶さん
澎湖の中でも七美は特にオススメですよー。
確かに澎湖はカップルが多かったですね(^_^;)。。。
[ 2007/05/14 09:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。