上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オーストリア回想 ウィーン シェーンブルン宮殿 

シェーンブルン宮殿1

 ウィーンの郊外5kmに位置するハプスブルク家の夏の離宮。シェーンブルン宮殿

 ベルサイユ宮殿に匹敵する宮殿を造れという皇帝の命を受けて、建造開始から50年を経てマリア・テレジア女帝の時代に完成しました。

シェーンブルン宮殿2

 当初金色に塗るという計画を、財政難を考慮したマリア・テレジアが黄色に塗らせたということから、この黄色はマリア・テレジアン・イエローと呼ばれています。結果的に金色よりもはるかに上品な色彩になっていると思います。

 内部は実に1441もの部屋があり、現在公開されているのはそのうちのわずか40部屋。この40部屋を回るか、前半の22部屋だけを回るか、どちらかのツアーを選んで見学します。前半22部屋でメインどころは回れますので、22部屋ツアーがオススメ。正直言って22部屋回った時点で少々疲れてきます(笑)。残念ながら内部の写真撮影は禁止。

 この宮殿、1km四方という大きな庭園の中に建っています。この庭園と宮殿は世界遺産です。

グロリエッテ1

 宮殿と対をなすように丘の上に建っているのはグロリエッテ

グロリエッテ2

グロリエッテ3

 グロリエッテ自体の建築も見事ながら、この丘から眺める宮殿も最高です。バックにはウィーンの街並みが広がります。

グロリエッテから

 このグロリエッテ、見た目より結構高い位置にあり、緩やかな坂道とは言え、ここまで登るのはかなり体力を使います。でも登りきって目の前に表れるこれらの景観はさながら天上の楽園にいるように感じさせます。

グロリエッテから2
美しいですね~!!!。
洗練された精緻の極みの建物ですね!。
しかも夏の離宮だなんて、しかも1441も部屋
があるなんて…お掃除が大変なんてのは
貧乏人の発想…笑。

マリーアントワネットも遊んだんでしょうかね?。
歴史的な深さも凄い!!!。
[ 2007/07/21 15:20 ] [ 編集 ]
私、ベルばら世代なので、パリに行くと毎回ベルサイユ宮殿に行っておりました。でもこのシェーンブルン宮殿には行った事がないんですよね。ってかウィーンに行ったことないんですが…(^^;)
やっぱりスゴイですねぇ~
ベルサイユ宮殿内は広いのでミニ・トレインが走っていて、それにのって見学が出来ますが、そんな感じのもの無かったのでしょうか?
無いとすると、ちと大変ですね…。でもここにも一度は行ってみたい!
[ 2007/07/21 19:39 ] [ 編集 ]
ni4de_hさん
お掃除はさぞかし大変だったのではないかと思います。話では1,500人もの家臣を連れて夏を過ごしていたらしいので、そういう意味では貧乏人が心配するには及ばず、といったところでしょうか(笑)。

pregoさん
ベルサイユ宮殿には行ったことないので比較のしようがありませんが、ここシェーンブルン宮殿もスゴイっすよ♪ちなみにここでもミニ・トレインが走っています。トレインとは言っても線路はなくて、汽車の形をした車ですが(^_^;)。
[ 2007/07/21 23:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。