上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブログタイトルに関して 

 先般ある台湾の方から当ブログタイトルにある「中国台湾」の語句が大変不愉快であるため、できればタイトル変更をお願いできないか、という申し入れがございました。

 私は台湾に3年間おりましたので、このような台湾の方の心情は大変よく理解できます。まずはこのタイトルを見て不快に思われた方々に、私の配慮が足らなかったことについてお詫び申し上げます。

 一方で私は過去中国大陸にも同様に3年間おりましたので、この問題に関して政治的に中立であるということは付け加えておきます。

 大学でも中国、台湾、日本三者の近現代政治思想史について卒論で取り上げましたので、一般の人よりはこの問題について深く理解しているつもりです。

 当初このブログは旧台湾 現地採用滞在記を引き継ぎつつ、台湾を離れた管理人がこれまでの経歴を活かして中国大陸と台湾に関する記事を同等に取り上げることを見越して、またこれまで少なかった中国大陸に関心を寄せる未来の訪問者に対する配慮として、「中国台湾」と並列につけました。順序等他意はございません。

 しかしながら私の過去の経歴や思想はともかく、ブログ開設から現在に至るまで実際にこちらにご訪問いただいていらっしゃる方々の多くは親台湾であることが考えられ、またブログ自身も中国大陸に関する記事は皆無であることから、年内を目処にタイトルを変更しようと思っております。

 それまではせめてもの配慮ということで、スペースを入れて両者をやや離すことにいたしました。

 現状の表記方法についても大いに不満がある方も多いとは存じますが、しばらくご猶予いただけますようお願いします。
それはこのブログが人気がある印だと思います、今中国のドラマ、台湾の俳優がいったら、同じこう書くんですよ、私今の外人登録書だって、中国台湾って書いてありますよ、まあ、できれば、リラックスな気持ちでブログを読みたいですね、、。v-16色付きの文字
[ 2007/07/29 22:38 ] [ 編集 ]
留学生のhuangさん
コメントありがとうございます。この件に関しては他の台湾の方からもメールでご意見をいただいたりして、台湾人と言えども色々な見解があることがわかりました。タイトルについては年内再度考えてみることにします。
[ 2007/07/30 14:47 ] [ 編集 ]
なるほど。【スペースを入れて両者をやや離す】ね。
色々な風当たりもあると思いますが、私も中国も台湾も好きなので、みんな仲良く世界平和に繋がることを願うばかりです。。。
[ 2007/07/31 13:03 ] [ 編集 ]
ブタ子さん
当事者同士にしかわからない事情もありますし、でも当事者とは言っても、世代によって、支持する政党によってなどで、見解はガラッと違ったりするようで、とりあえず一般論から今回の問題を考えてみました。タイトルもっと簡単なのにすればよかったと、ちょっと後悔(^_^;)。。。
[ 2007/07/31 16:44 ] [ 編集 ]
台湾人のJASHです、初めてここに来て宜しく御願いします
少しご自分の意見をいいましょう
以前勤めていた会社の契約日本社員から質問されたが、どうして台湾は中国と切り分けるか、同じ言葉を喋って同じ祖先だったのに、日本人の立場から見ると当然同一民族だと思う。
簡単そうな質問だが、答えは複雑で答えられなかった。単に自分の考えを言い出す。
私は台湾は台湾、中国は中国、別々の”国”と思っていることは小学生の時から父にこういうふうに教育され、根の深い思想は頭に植えられた。
こう思っているのも当たり前だけど。
実際の状況を言っても、今の台湾の若者は自分は中国人という意識がないと思う。
中国と切り分けてから既に50年以上あるから、この土地で生まれる若者たちに対して、なぜか必ず中国と合併して
中国の文化を受けられなきゃいけないのにあり得ない
私は中国へ行くこともあったが、そちらの生活習慣、習俗などを大ざっぱに見ると台湾と一緒じゃない?!と思われるが、
実はそうでもないと思う。
そいて、台湾は中国にいじめられることで、国際の間に国を認められない。
だからこそ、中国と並びたくない。
[ 2007/08/16 13:01 ] [ 編集 ]
トシさん
難しいテーマへの日本語でのコメントまことにありがとうございます。多くの日本人は台湾と中国の違いすら分かっていないのが事実です。そもそも中国国内の内戦だったこの問題には、当時の日本軍の介入もあり、そういう意味では日本もこの問題を作った一要因とも言えることを日本人はもっと自覚すべきだと思うのです。日本人は一衣帯水の隣国のことをもっと勉強すべきです。
貴重なご意見ありがとうございます。
[ 2007/08/16 20:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。