上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

台湾回想 宜蘭オフ 亀山島沖でイルカの大群 

礁渓劇場

 亀山島火山島です。

亀山島しっぽ

 前回の噴火活動は紀元前5,000年と言われており現在は休火山とのことですが、現在でも火山島だということを理解させる現象があります。

 それがこれ。

海底温泉

 岸辺の岩石が白く変色して、その周囲の海の色が明るいコバルトブルーになっているのがわかるでしょうか。

海底温泉アップ

 実はここには海底火山があり、海底から温泉が湧いているのです。

 船がここを通ると潮風に乗って硫黄の強烈な臭いが伝わってきます。

 このように海底から温泉が湧き出ているところで一般観光客が立ち入りできるのは世界でも珍しいそうです。これを見るだけでも亀山島に来た甲斐があるってものです。

 さて、亀山島に上陸しないツアーは亀山島を過ぎてなおも太平洋上をまっすぐ沖縄の方角へ駆けていきます。

 一見穏やかに見える波もいざ太平洋に漕ぎ出でてみれば、船は波間で跳ねる跳ねる。。。海水も跳ねる。。。

 船の甲板前後左右どこも海水を被らない場所はないほど。来ている服も全く意味がないほど、みんなずぶ濡れ。水着で来てたほうがよかったのでは?と思えるほど。

 唯一濡れない場所はもちろん船室ですが、そこではグロッキー状態の皆さんが台湾のぐったり犬さながらにぐったり。。。

 イメージ画像

 船上の様子はNaoさんのブログによくアップされていますので、そちらをご参照ください。

 私は先代のデジカメを高雄の海に落としてしまった経験があるので、デジカメが海水で濡れてダメになってしまわないか心配で、怖くてカメラを取り出せませんでした、、、ってか両手で体を支えていないと冗談じゃなく海に投げ出されそうなほど船が揺れていましたので(^_^;)。

 もうヤバイと誰もが思い始めていたころ、船はようやくスピードを落としました。

 そこには初めて見るイルカの大群が!

イルカ

 さすがにこの光景にはお疲れの皆さんも身を乗り出して拍手喝采でした♪

 ※島に上陸するツアーではこのドルフィンウォッチングが含まれませんのでご注意を。
こちらに来て見てびっくりしました。素敵なブログなんです。台湾のことをとても詳しく紹介してくれましたね。台湾でいい思い出をいっぱい作ったらしいですね。
中国台湾の6年間で20kg太っちゃいましたか?中華料理はおいしくてたまらなかったですか?(笑)今は理想な体重を維持するように頑張ってくださいね!
[ 2007/08/01 19:25 ] [ 編集 ]
有りましたね~デジカメ事件…笑。
海底火山を感じる事の出来る所が有るって凄いですね~!!!。
[ 2007/08/01 21:16 ] [ 編集 ]
全身ずぶ濡れで、あっちこっちで台湾のぐったり犬状態・・・。
物凄さをリアルに感じ取る事ができますー!!
でも私、結構こういう船上の感じ、好きかもしれません。
スリリングな感じの・・・。
必見スポットも教えて下さってありがとうございます。
[ 2007/08/02 00:46 ] [ 編集 ]
 Qingさん、こんにちは。

 ブログに寄っていただき、ありがとうございます。
 亀山島はダイナミックですね。

 僕は、台湾が好きで仕事を含めて何回か訪れています。
 亀山島にも行ってみたくなりました。

 また、寄らせていただきます。
[ 2007/08/02 10:33 ] [ 編集 ]
あの船の中のぐったりした人たち・・・
私はその中に座ってたら、同じくぐったりしてしまいそうで、
外の空気を吸っていましたね。

イルカを見終わったあとの、
「あぁ、また海を通って帰るのか・・・」と思った瞬間のあの気持ちは忘れられませんね。(帰りはそう大したことなかったけれど)

TB有り難うございました。
[ 2007/08/02 11:27 ] [ 編集 ]
プリンさん
ご訪問ありがとうございます♪
前のブログは今のブログ以上に台湾一色だったのですが…。日本に帰ってきてしまったら台湾の記事アップが難しくなりそうです。今後ともどうぞよろしくお願いします。

ni4de_hさん
ネット上で他の方が撮影した写真を見ると、もっと近寄って海水がもこもこ湧き上がっている様子などもとらえているのですが、今回は残念なことに船はそこまで寄りませんでした。やっぱ危ないですかねー。
[ 2007/08/02 15:42 ] [ 編集 ]
くにさん
乗り物酔いしない体質であれば大丈夫かもしれませんが、直前の食事は抜いておいた方が無難かも(^_^;)。私たちの船は午後一番で出航だったので、みんな昼食を普通にとったことも敗因かもしれません(笑)。

NOBUさん
コメントありがとうございます♪
すみません、コメントもせずにただ足跡だけ残してしまいまして(^^ゞ。また改めてお伺いしますね。
[ 2007/08/02 15:44 ] [ 編集 ]
Naoさん
そう!ああいう場合は外の空気吸って、近くより遠くを見据えていた方が酔わないと思います。私は子供の頃、車に乗っただけで酔う体質だったのですが、大分克服して今では今回の船でも全く平気でした。ただ大量の潮被りでちょっと気持ち悪くなってしまった(笑)。
[ 2007/08/02 15:47 ] [ 編集 ]
亀山島に行かれたのですね。
羨ましい。
いるかウォッチングもできるのですね。
温泉は通るだけで、入ることはできないんですか?

それと、亀山島は予約しないと行けないと聞いたことがありますが、Qing Zuiさんはどのようにして行かれたのでしょうか。


[ 2007/08/02 23:54 ] [ 編集 ]
おお!!これは凄い!!イルカ、水族館で触ったことがありますが、ゴムっぽい感触でした。イルカやクジラ、海で泳いでいるのみたことがないので、いるか、おっと、いつか行ってみたいです♪
[ 2007/08/03 12:25 ] [ 編集 ]
ももママさん
コメントありがとうございます♪
運がいいとイルカだけでなく、クジラも見る事ができるらしいのですがね。。。温泉は多分入れないと思います。断崖絶壁の下で海もかなり深いはずです。歩道もありませんし。島の中にも温泉があるような話をどこかのサイトで読みましたが、こちらに入れるのかどうかはちょっとよくわかりませんねー。
亀山島は前回の記事に書いたように上陸するには事前申請が必要です。今回私は上陸しませんでしたが、それでもやっぱり事前登録が必要と言われました。詳しくは旅行会社か、クルーズ船を運航する会社に問い合わせた方がよいでしょう。それらのところが代行申請してくれます。

ブタ子さん
ゴムですか(^_^;)。。。実は私、海で野生のイルカ見るのは2度目だったのですが、イルカって不思議ですよ。船が近づくと船と一緒に並んで泳ぐし、まるでこちらに見せ付けているかのようにアクロバチックなジャンプをしたりします。可愛いですよ♪
[ 2007/08/03 15:31 ] [ 編集 ]
前回の旅行で、友人が宜蘭に車で連れて行ってくれたんですが、そのとき亀山を通り過ぎました。
通り過ぎたのみで気がつかなかったのですが、あのあたりはとっても海が青くてきれいなんですね~。
しかもイルカと会えるなんて~!!
びっくりしました。

[ 2007/08/05 01:24 ] [ 編集 ]
kiyoさん
台北-宜蘭間を移動されると皆さん結構気になるみたいですね、この島。私は行く前は実はあまりよく知らなかったのです(^^ゞ。海は青いですねー。宜蘭-花蓮の海も最高ですよ♪
[ 2007/08/05 18:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。