上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒロシマの話題 

牡蠣

 今日広島が原爆投下から62年目を迎えました。

 ここ数日で目についたヒロシマ関連のニュースをご紹介します。

 広島原爆の“証人” 星野村で62年 「平和の火」里帰り 「心も引き継いで」

 今まで広島市に原爆由来の火がなかったことが意外でした。平和記念公園内にある平和の灯は1964年に灯され、原爆由来ではないようです。被爆直後の広島からこの火を福岡まで持ち帰ったというのも当時としては大変なご苦労ですね。

 不思議なものです。燃え続けるための燃料や空気は常に現代のものでありながら、燃えている火自体は62年の時を経て今なお当時の火。当時は広島市を焼き尽くした火ですが、今後は惨禍を忘れず世界平和を守る象徴として広島で燃え続けて欲しい。。。

 原爆の日に50年ぶり公式戦開催計画

 全く覇気が感じられない最近、いやここ10数年の広島カープですが、来年はホームの広島市民球場最後の年。その最後の年に50年ぶりに公式戦を市民球場で実施しようという計画。もう今年は諦めましたから、来年の大躍進に向けてこの計画も一つの発奮材料としてもらいたいものです。

 被爆直後のネガ確認 広島で通信社記者が撮影

 被爆後こんなに時が経つのにまだ新しく発見される未公開写真があると言います。同じように時を経るに従って平和記念資料館などに寄贈される遺品なども増えていくんだろうなぁ。

 と言う訳で、、、広島オフの話です。

 当初予定していた9月は中止、11月とさせてください。

 11月17日、18日の週末で決定します。原爆のつめ跡を回って勉強しつつ(被爆電車も見に行きたい)、美味しい旬の牡蠣やお好み焼きを食べつくす楽しいオフにしたいと思います。

 昨日のうちに広島の記事をアップされたni4de_hさんのブログにトラックバックします。
Qing Zuiさんにリンクして頂くと緊張します…汗。
原爆などは二度と使われて欲しくないですね。

新広島球場の建設地ってJRの駅のそばでしたっけ…。
今の市民球場は「え!こんな所にあるの?」って感じが好きですね!。

広島には素敵な建物がいっぱい有りますから、
オフ会是非参加したいで~す。
[ 2007/08/06 19:41 ] [ 編集 ]
今日はそういう日でしたね。絶対忘れてはいけない日ですね。

で、広島オフは参加します。ちょうどこの週末はJALのバーゲンフェアが予定されており、羽田~広島が片道12000円で飛べるんですね。

行っちゃいますよ、広島!
[ 2007/08/06 23:11 ] [ 編集 ]
ni4de_hさん
今の球場の場所は確かに驚きですよね。原爆ドームの目の前、、、最寄電停も原爆ドーム前。。。ある意味、だからこそカープは広島の復興を象徴していたとも言えるのですが。
オフ会、是非よろしくお願いいたします!

はるちかさん
お?もう11月分の販売開始ですか?!
私のところに届いている通知はANAもJALも10月一杯の販売だなぁ。。。これぞ上級会員のメリットでしょうか、いいなぁ!
[ 2007/08/07 15:28 ] [ 編集 ]
広島に帰ったのは何年前だったか?
広島どころか、日本に帰る予定もない……
道理もわかるようになってきた娘を原爆資料館に連れていかねば、とは思うのですが、自分自身が小学生の時に行って、あまりの衝撃に二度と足を踏み入れられてないので……

ちなみに実家は市民球場まで数km。曇り日の風向きによっては、応援の鳴り物が聞こえたものです。
[ 2007/08/08 00:26 ] [ 編集 ]
以前、広島へ行かれた記事が頭に残っています。
こないだ映画を観に行きました。

「夕凪の街 桜の国」田中麗奈主演
原作は漫画で広島で被爆した女性の10年後(映画では13年後の設定)を描いている。この漫画自体知らなかったのですが、原作も見てみたいという気になりました。映画は想像していたより、ずっと良かったです。
前半の平野皆実役の麻生久美子のセリフがぐっと心に突き刺さりました。
原爆投下を決断した人たちの感想も聞いてみたいものだ!と思いました。

被爆後の広島がどうだったか・・・今まで知りませんでした。
今度広島へ行く機会があれば被爆地蔵へもお参りしたいと思っています。
[ 2007/08/09 03:31 ] [ 編集 ]
Zhi-hongさん
私も最初に行ったのは小学生の時だったなぁ、、、ショックでそれ以後しばらく毎晩寝付けなかったですよ。夏休みの登校日で見せられたピカドンの映画も強烈だった。。。原爆のことを勉強するのは一体何歳くらいのころが適当なんでしょうね。

マツモトさん
ご無沙汰しております。
そう言えば昔絵本(だったと思うけど)で読んだ、おこりじぞうも忘れられない内容でした。被爆地蔵を訪ねるというのもいいテーマですね。
[ 2007/08/09 14:16 ] [ 編集 ]
広島は行ったことがないのですが、私も小学校の時に原爆関連のビデオ見て、1年くらい恐怖心が抜けなかった記憶が。1つ上の姉に話は聞かされており「来年はそんな恐ろしいもんを見るのかー!」と結局まる2年くらい恐怖心でいっぱいでしたね…。

すっかりほとぼりも冷めたかと思えた高3の修学旅行先は長崎で、資料館であっさりトラウマ再発。それでも当時は改装中で展示も少なく、広島よりは大分「柔らかい」展示であったと聞きましたが、学年中号泣だったなぁ…。体験者のお話も聴きましたし。

ちなみにその時のクラスメートで米軍基地のある市から通っていた子がいて、その市の全中学の修学旅行は必ず広島なのだとか。敢えてそうしているんでしょうかね…。

ヘンに大人になってから行くより、あの「怖さ」を子供のうちに見ることも大事なのかなとは思います>Zhi-hongさん
[ 2007/08/11 20:41 ] [ 編集 ]
阿沙さん
広島県以外でも小学校で原爆の資料ビデオなんて見せられるんですねー。それは結構珍しいのでは?!
そうですね。子供の時分に一度ショックを受けておけば、大人になって改めて見ると少しは落ち着いてまた違った視点で見ることができると思います。
阿沙さんは広島オフ、、、さすがにご参加は難しいですよね~?!
[ 2007/08/11 21:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。