上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

台湾回想 台北 故宮博物院の楽しみ方 

故宮

 今回台北での目的は改装完了したばかりの故宮博物院を訪れることでした。

 ここを訪れるのは4年ぶり、2度目です。

 前回は出張のついで(?)に現地法人のスタッフに連れられて行ったのですが、閉館まで1時間ほどしかなかったので、石器や銅器を見ているうちにタイムオーバー。それでも白菜と角煮だけは見ておかねば!と退館する人の流れに逆らってかろうじてチラ見してきたのでした。完全に時間配分のミス。

 ここ故宮博物院は世界的に有名な博物館ではありますが、台北市内から交通アクセスが悪いことと、閉館が5時と結構早いので、「博物館なんて興味ないよ」と仰る方ですら時間配分を間違えると一通り見ることすらかないません。(それでも実際の展示品は、博物院がコレクションしている収蔵品の1/100程度にすぎませんが、、、)

 そこでQing Zuiが興味のない人でも楽しめる展示品をご紹介。(ただし今後展示の場所や展示品自体が変更することもありえますのでご参考程度に)

 1階は主に古書が展示されていますが興味がなければ省略して構いません。その分2階と3階を中心に参観しましょう。

 ただし1階入って左手の通路沿いに非常に大きな一幅の画(複製)が展示されています。清明上河圖。宋の時代の都の様子を5mもの長さに渡って描いた絵巻ですが、中に描かれている人間たちのドラマが絵巻のあちこちで展開されているので、それを目で追っていると勝手にストーリーが頭の中に浮かんできて実に面白いです。今まさに落馬しかけている人とか、なぜか大勢の人に追われている人とか、猿を連れて歩いている人とか。。。こちらのサイトを参考にしてもいいでしょう。私はこの画にはまって、今回またもや時間配分を誤りました(笑)。

 2階は銅器、陶器、磁器がメイン。形状や彩色ではなく、一部の展示品はその精緻な彫刻の技巧に注目すると興味ない人でも楽しめます。中国オリーブの種を彫刻した船があります。雕橄欖核舟。米粒大に彫刻された人が乗っています。こんな小さな彫刻で更に扉が可動だったり(驚)。

 3階は石器、玉器などがメインです。ここに例の有名な白菜東坡肉が展示されています。この2つは故宮に行ったのならば絶対にどんなことがあろうとも見るべしです。

故宮音声ガイド

 1階入り口脇で日本語の音声ガイドを借りることができます(100元)。展示されている6,000点強を全てガイドしているわけではもちろんなく、数ある展示品の中から厳選された数十点のガイドテープを聴くことができます。ただこれを全部聴いて回ろうと思っても、やはり1日がかりは必至です。

 つまり故宮はちゃんと見て回ろうと思ったら、とても1日じゃ全部を見ることはできません。数ヶ月おきに展示品の入れ替えもあることですし、何度かに分けて来館して見るつもりでどうぞ。公式サイトで予習してから行くのが一番効率的でしょう。

 ちなみに今回私の記事が文章だらけなことからおわかりになると思いますが、展示品のカメラ撮影は禁止ですのでご注意を。(隠し撮りしている人も結構いますが、、、)
ここ行くといつも展示場のどこかに日本人ご一行様がいて、
日本語ガイドさん付きで見学しているのでたまに便乗して回ってます(^^;)
リニューアルしてきれいになったけど、
昔4階にあったお茶屋さん、好きだったんですよね~
天井にかけた鳥がさえずってて、優雅な時間が過ごせる場所でした
[ 2007/08/10 19:00 ] [ 編集 ]
ちまき55さん
ははは、それもそうですね。いたるところにいらっしゃるので、こちらも聞くまいとしてもどうしても耳に入ってきてしまう(笑)?!
お茶屋さん、どのお茶屋さんかわかりませんが、三希堂というお茶屋さんでしたらまだ4階で営業されているようですよ。あ、改装して雰囲気変わっちゃってるかもしれませんね。私はどちらも行ったことないので、ちょっとよくわかりませんが。
[ 2007/08/11 21:30 ] [ 編集 ]
私も1階は時間が無ければスルーと思っていたのですが、
うちの父はすごく見たかったみたいで、もう一度故宮に行きたい!と言い張っております。
3時間では観覧する時間が全然足りなかったみたいです、やはり。
父が一生懸命観覧して回ってる間、私と母は三希堂でのんびりお茶を飲んでいましたが(笑)。
[ 2007/08/13 15:11 ] [ 編集 ]
木野さん
ははは、何かその光景想像できますね。私も連れと一緒に訪れていたのですが、最後の最後まで色々見入っていたのは私だけでした(笑)。相方はベンチでぐったり。。。
[ 2007/08/14 20:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。