上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

15年ぶりのNHK中国語会話 

夜の勝鬨橋

 日本に戻ってからも相変わらずテレビと縁の遠い生活をしておりますが、ふとテレビ欄でNHKの中国語会話に目が留まったので、高校生か大学生の時以来に通しで見てみました。

 15年前、当時高校生だった私が初めて中国語を教わった楊達先生が講師になっていました。相変わらず生真面目な人柄が画面越しに伝わってきて、とても懐かしく思いました。私が実際に受けていた授業は学生との対話を重視していて面白かったのですが、さすがにNHK教育テレビではそれはできないか。もったいない。

 番組の方はオープニングにいきなり張韶涵(アンジェラ・チャン)の曲を起用していたり、中上級者にも対応できるように著名人へのインタビューなども交えて、垢抜けるように、また単調にならないようにという努力は見受けられましたが、相変わらず全般的に芝居臭さを感じさせるのはさすがにNHK教育番組の真骨頂といった感じで、正直言って見ていてちょっと疲れが(^_^;)。。。

 かく言う私も高校生の頃はこのNHKのテレビ中国語会話、ラジオ中国語講座ともに欠かさず視聴していました。目的はもっぱら耳から正しい発音をインプットすること。今思うと、学習を始めてから1~2年間はピンインと発音ばかりやってました。

 私は中国語学習において恩師と呼べる人が楊達先生を含めて2人いますが、そのどちらもが中国語にカタカナのルビを振ることを禁止していました。テキストもカタカナルビが振っていないものを選ぶように言われたのが印象に残っています。

 理由はカタカナが振ってあると、どうしてもそのカタカナを読んでしまうから。

 もちろん初心者にとっては、このカタカナルビがないと読もうにも読めませんから仕方ないかとなりがちなのですが、このお二方はそれでも許してくれませんでした。

 じゃぁどうしろと?つまり私が徹底的にピンインと発音を頭に入れて、正しい発音を欠かさず聴くようにしていた理由です。

 当時基礎をみっちりやっていたおかげで今中国語で仕事をする環境にある自分がいると言えます。(あ、いや、今は無職ですが(^^ゞ。。。)

 楊達先生の最初の授業、私にとって中国語最初の授業、今でも覚えています。

 いきなり「じゃ、今から皆さんの名前を中国語読みして聞かせますから覚えてください。明日から中国語で出欠を取ります。自分の名前呼ばれて返事しないと欠席にしますから。。。」

 一瞬教室内がどよめいて、みんな自分の名前を呼ばれるたびにピリピリとすさまじい緊張感を持って、耳に全神経を集中させていました。もちろん翌日からの出欠確認でも、その集中度合いは尋常ではなかったです。

 これが今思えば中国語を勉強する上で最高のスタートだったと感謝しています。

 今、楊達先生は早稲田大学の教授になられているようですが、同じように新入学シーズンの教室をどよめかせているのでしょうか。

 大学にもしばらく行ってないことだし、就職決まったら改めて御礼の言葉でも伝えに行くかな。
あぁ、私も大学1年の頃の出席はそうでした。慣れるまでは出席、必死でしたね。それと自分の名前のピンインを忘れないよう辞書の表紙にマジックで大書きしたのは今でもそのままです。

私の学校は留学を申請する際、成績のほか教科書1冊分の全ての発音をチェックされた上、本文全文を暗誦という条件があったので、そりゃもう顔が曲がるくらい練習しました(^_^;

なのに今やすっかり巻舌音ができなくなった今日このごろ。ビバ!台灣國語(苦笑)。あぁあもう。
[ 2007/08/14 00:49 ] [ 編集 ]
専属の通訳がいるわけではないのですが、仕事する相手に日語ができる人が多いせいで、全然上手くならない。というかヒアリングがダメ。集中して聞いてないもんなぁ。
一方、中カラの練習で発音の出来はともかく、ピンインは結構覚えました。カタカナは初めから頭になかったなぁ。歌を聞いてて、それなりに発音に馴染みがあったので、カタカナじゃ表せないというのはわかってたし。
簡単な中文であればメールしたりするので、この人は結構できると思われて、話しかけられた途端に聴不憧という、ちょっとイタイ状況にあったりして(^^;
[ 2007/08/14 07:57 ] [ 編集 ]
阿沙さん
教科書1冊ですか( ̄□ ̄;)!!それはスゴイ!
私も今改めてNHK聴いていて違和感がありました。アル化音の強烈なこと(笑)!四声も台湾と微妙に違っていたりしました。台湾国語に慣れてしまったせいか、大陸中国語が何かわざとらしく聞こえてしまいます。。。

Zhi-hongさん
発音がしっかり出来ていれば、聞き取ることができるのもそう無理はないようですよ。どうやって発音すればいいのかわかっているから、微妙な発音の違いまで聞き取れるようになるのだそう。あとは環境作りですかね。上達は早いと思いますよ!
[ 2007/08/14 20:31 ] [ 編集 ]
写真は夜にライトアップされた勝鬨橋ですね?築地側からの撮影でしょうか?
[ 2007/08/15 13:56 ] [ 編集 ]
ピンインは覚えてても、四声は全く覚えてないので発音はとにかく亂七八糟です・・・。
今から四声を頭に入れるしかないのかなぁ・・・といろいろ頭を悩ませてる最中です。
いままで、コツコツ勉強をさけてきたせいで今ぶち当たってる壁は非常に高いです、私・・・。
[ 2007/08/16 12:42 ] [ 編集 ]
TKさん
ご名答!その通りです。TKさんゆかりの例の場所のたもとからの撮影です。私は緑や青といった彩色のライトアップは好きではないのですが、こうして近くでその部分だけ切り取ってみるといい味出してますね。

Naoさん
これまでに何度かNaoさんの発音聞いてますけど、それほど悪いようには感じなかったですよ。仕事とはまた違うのかもしれませんが…。ある程度基礎が整ってきた今のNaoさんにとっては、全くの初心者として四声を身につけるよりも、今見につけるのはそれほど難しいとは思いません。前進あるのみです!加油!
[ 2007/08/16 20:52 ] [ 編集 ]
私はNHK中国語ほぼ毎週見ているのですが、あの楊先生に習っていたのですか?!
楊先生って強面(すいません…)な感じなのに、ウマヘタな芝居(ミスター楊って呼ばれていますね。)とかが大好きで。
なんだか見ているうちに好きになってしまいましたよ。
カタカナルビ禁止っていうのは分かります。というか、私も初めて習い始めた頃は書いていたのすが、正しい発音ってカタカナだけで書ききれない音とかないですか?
「可」とかって「カ」じゃないし…。今はピンインにしていますが、それはそれで頼ってしまって…。
どうなんでしょ?
[ 2007/08/20 23:19 ] [ 編集 ]
pregoさん
楊先生、何だかテレビだと不器用そうで怖そうで、、、って印象持たれるかもしれませんが、実際は、、、やっぱりその通りです(笑)。
真面目でにくめない感じ。人格的にとーっても素晴らしい方ですよ!ちなみに私は機会がありませんでしたが、私の同級生では彼のお父さんに師事していた人もいます。私もその方の授業も受けてみたかったー。
「e」の母音が入ると特にカタカナでは表せなくなりますね。ピンインで覚えるクセをつけておけば後々生きてきますよ。頑張って!
[ 2007/08/21 19:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。