上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大陸写真館 広西壮族自治区 三江トン族自治県 

程陽風雨橋近景

 桂林からバスに乗って5~6時間。広西壮族自治区、湖南省、貴州省という3つの省境にあたる場所に、三江という集落があります。ここには中国の少数民族の一つ、トン族が暮らしています。

三江地図

 (地図はGoogleマップさんからお借りしました)

 トン族は稲を育てる農耕民族で、また木造建築の才に優れています。更にこの辺り一帯は緑と水豊かな山間部でもあるため、私達日本人にとってこの三江は田舎に帰ってきたような安らぎを与えてくれます。

 雨の多いこの地方では河川も多く、橋が至るところに架けられています。実はこの橋こそが三江トン族の名を世に知らしめているのです。

 トン族が架けるこの橋の名は風雨橋。雨による腐食を避けるために屋根を配したのが始まりとされており、この集落一帯の橋は基本的に全て屋根がつけられています。

程陽風雨橋遠景

 写真の橋は程陽という三江からバスで1時間行ったところにあります。程陽風雨橋と言い、最も美しく有名な風雨橋です。屋根が日本の城にある櫓のようではありませんか。日本人の美的感覚をもってしても美しいと言わしめるこの橋、釘を使わずに木を組んで建造しているというのも日本人の心をくすぐります。

 この橋の上には腰掛けることのできるスペースも設けられています。そこで地元のお年寄り達が集まって井戸端会議に花を咲かせている光景が印象的です。

 この櫓をもっと立派にしたような鼓楼という建造物もここでは有名なのですが、どうも写真を撮り損ねていたようで見つかりません。

 三江と隣接するところに龍勝という棚田で大変有名な景勝地もあり、この辺りは日本人としてはちょっとマイナーだけれども心和む魅力的なスポットが集中しています。

 1998年10月撮影。

大陸写真館 広東省 汕頭(スワトウ) 

白花尖大廟近辺

 廃墟シリーズ。って最近廃墟ネタが多いな(^_^;)。でも今日紹介するのは正確に言うと廃墟ではありません。

スワトウ地図

 (地図はGoogleマップさんからお借りしました)

スワトウ3

 この生活感溢れる古い建物の写真は、スワトウの旧市街。

 スワトウは刺繍が名産ということ以外に見所はなく、私も元は広東省から福建省に抜けるための中継地点として投宿しただけでした。

 この旧市街一帯は特に旧跡や老舗などがあるわけでもなく、ガイドブックに載るような場所でもありません。

スワトウ1

 ところがどうしてどうして、ここら一帯の建物の古さはスゴイ!

 窓ガラスがなかったりするのは当たり前、ところどころフロアが陥没して崩れ落ちているのも。

スワトウ2

 それでも洗濯物が干してあったりと、生活の跡が見えますので今も変わらず人が住んでいるのでしょう。

スワトウ5

 これ、もしかしてお金がなくて修繕できないということなのかもしれません。スワトウは一応経済特区に指定されているので、他の都市と比べればまだマシな方だと思うのですが。(ま、とは言え、他の経済特区であるアモイ、深セン、珠海に比べればかなり立ち遅れているのは事実)

スワトウ4

 別に遺産として保護活動をしている等の話は聞いたことがないし、経済特区でもあるので、もしかしたらこここそ近い将来取り壊されて新しい街並みになってしまうかもしれません。

スワトウ6

 こういう建物がお好きな方はスワトウ、楽しめますよー。

 2003年12月撮影。

大陸写真館 広東省 開平(自立村、加拿大村、立園) 

自立村1

 昨日の続きです。

 当時から比較的観光客向けに整備されていた地区がありました。

自立村2

 自立村の洋楼群。

 ここは恐らく開平観光のメインになると思います。

 太陽に照らされて灰色に鈍く光る洋楼はかなり不気味です。

自立村3

 ちなみにこれらの建物は観光客向けに内部を見学できるようになっています。

 次に当時全く管理されていなかった加拿大村の洋楼群。

カナダ村1

 加拿大というのはカナダの中国語表記です。その名が示すとおり、この集落にある洋楼は全てカナダ帰りの華僑が建てたものです。

カナダ村2

 ここは全く人が住んでおらず、また管理もされておらず、正真正銘の廃墟となっていました。果たして今はどうなっているのでしょう。世界遺産登録で観光地として開発されているかもしれません。

立園

 最後にここも開平観光のメインコースとなる立園ですが、ここの洋楼はご覧の通り逆に観光地として管理されすぎています。個人的には外壁がここまで綺麗に塗られていると興味がそがれるのですが、皆さんはいかがでしょう?

 世界遺産登録でもしかしたらこの立園のように、近い将来、廃墟としての洋楼を楽しむことができなくなるかもしれません。そういう意味では今回の世界遺産登録の影響は今後どのように作用するか注目しています。また同時に、興味を持たれた方にはお早めに行かれることを強くお勧めします。私の知る限り、例えば麗江などはここ数年でかなり開発されてしまって、当時の古い街並みの様相が一変してしまいました。この開平はそのようにならないように願っています。

 ただ、こうした洋楼ではなく、昨日アップした赤坎のような老街をお楽しみになりたいのであれば、開平ではなくて他にもお勧めの町があります。そちらの紹介はまた来週にでも。

 2003年12月撮影。
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。