上上海上上台!

今月はまず日本出張から

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

隅田川花火大会 佃島より 

 こんな日本の花火の時期にのんびり自宅にいるのなんていつ以来でしょうか。。。

 昨日は隅田川で恒例の花火大会が催されました。

 元来人ごみが苦手なうちの一家は、今まで一度もこの大会に出向いたことがなく、もっぱらテレビ観覧でした。

 今年は私自身月島に越して以来初めて実家にいるということもあって、近場で人が少ない穴場を事前に調べていました。そうしたところ家からそう遠くない石川島公園の突端からそこそこ見えるとのこと。

隅田川

 ちょうど佃島が中洲のような形となって隅田川が分岐するのですが、その突端周辺が石川島公園です。

 地図はGoogleマップさんからお借りしました。

 会場まで直線距離で10kmほどあると思いますが、3方を川に囲まれているので開放感があって、なかなかによし。

石川島公園

 開始直前でも人はまばら。中にはテーブル持ってきてお茶の間さながらに夕食を取っているご家族も。

 花火が始まってからでもビニールシートを広げられるほどにスカスカ。

隅田川花火

 ま、最後の尺玉でもこの大きさですからね。

 みんな花火なんてそっちのけで、子供はそこら中走り回っているし、大人は雑談に夢中になっているし、背景で花火がちかちか輝いているといった感じ。

 のどかで結構気に入りました。障害物が少ないので低めに打ちあがる花火もそこそこ見えますし。

 花火にかこつけて宴会をやろうなんて向きにはオススメかも。

月島 草市 

月島草市1

 地元東京月島では一昨日から今日まで草市というお祭りが開かれています。

 これまで夏は日本にいないことが多かったこともあって、実に15年ぶりくらいに日本のお祭りに出かけてみました。

 ここ月島のお祭りを見るのは初めてなので、もしかしたら地域的な特性もあるかもしれませんが、以下感じたこと。

 ●浴衣率が異様に高い(ま、ほとんどは女の子でしたが)

 ●定番と思っていた「焼きとうもろこし」「わた菓子」「たこ焼き」を売るお店がそれぞれ1軒しかなかった

 ●「フランクフルト」を売るお店の多いこと、、、簡単だから?

 ●台湾の「雪花冰」、台湾もどきの「タピオカドリンク」を売るお店があって、ちょっと嬉しかった

月島草市2

 台湾で夜市を見慣れているので、鉄板の上で肉をジュージュー焼いていようが、カキ氷をガシガシ作っていようが、あまり新鮮な感覚はなかったです。

 日本のお祭り♪を感じたのは、

 ●男性も女性もビール片手に歩いている人の多いことよ

 ●やっぱり浴衣は日本の風物詩ですよね

 ●ヨーヨー釣りは台湾になかったので、決定的に日本のお祭り風情を感じました

月島草市3

 台湾の人は日本の夜市(=お祭り)が、夏の間の数日しかないこと夜9時くらいには店仕舞いすることなどに驚くようです。え?!じゃ、夜は何してるの?!暇でしょ?!って(^_^;)。

 台湾じゃ夜中まで子供や赤ん坊連れて夜市をぶらぶら歩いているのなんて日常茶飯事ですが、日本のお祭りは子供が夜遅くまで外出を許される貴重な日ですものね。だからこそお祭りって魅惑的な響きがあったし。

月島草市4

 本日月島の草市は最終日。せっかくの土曜日ですが、台風が近づいているので人出は少ないかもしれませんね。

かっぱ巡り 

縁結び河童

 昨日の続きです。

 そもそも合羽橋という変わった地名は何に由来しているのでしょう。

河童

ちょっと怖い河童

 江戸時代初期に雨合羽を近くの橋に並べて干していたことに由来するという説、そして江戸時代末期にこの地に住む合羽屋喜八という人が私費で隅田川の治水工事をしていたのを河童達が手伝ったことに由来するという説。

河童のぎーちゃん

 合羽か?河童か?

首だけ河童

 合羽橋道具街の中央で交差する合羽橋本通りという細い筋があります。(地図

交通安全河童

 つくばエクスプレスの浅草駅からまっすぐ上野方面に伸びるこの通り沿いにはそこかしこに河童の像があり、時折現れる河童達を探しながら散策する東京下町というのも風情があっていいものですよ。

河童寺の河童

 ちなみに合羽橋では河童を見た人は運が開け、商売繁盛するという言い伝えがあります。

道具街の河太郎

 今度の週末かっぱ巡りはいかがですか?
プロフィール

Qing Zui

Qing Zui

1974年 11月24日生まれ。
1997年 大学を卒業。
      日本の会社に就職。
1999年 会社を退職して、
      台湾系企業に就職。
      アモイに着任。
2001年 青島に異動。
2002年 退職して帰国。
      日本の会社に就職。
2003年 退職。
2004年 元の会社に再就職。
      台湾の高雄に着任。
2007年 退職して帰国。
2008年 日本の会社に就職。
      上海に着任。
上の画像は
『似顔絵アバターメーカー』
で作りました
タグリスト
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

私的巡回先

中国での現地採用

↑私のホームページ↑
RSSフィード
アクセスカウンター
Qing Zuiへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。